手足口病(てあしくちびょう)とはなに?その症状とその対応策は?

[`yahoo` not found]
LINEで送る

━━━━━━[PR]━━━━━━
楽天カードは永久年会費無料!
ポイントもたまりやすい!

うちの近所の子供が手足口病にかかりました。

手足口病(てあしくちびょう)って何だろうな?

俺はかかったことなかったので、

知らない病気でした。

調べてみましたよ。

お子様がいる家庭の方は、気になる病気だと思います。

手足口病は、
手のひらや、足の裏、口腔内に、
特有の水疱(すいほう)性の発疹ができる夏かぜの一種らしいです。

あー、だから手足口病なのね。

水疱怖いな…。

原因を調べたんですが、

腸管ウイルスであるコクサッキーA群16…と、
その変異型およびエンテロウイルス71の感染らしい…
まれにコクサッキーA群5、7、8、10、
コクサッキーB群2と3、
エコーウイルスの感染によるものもあるそうです。

うん、なにがなんだか。

なぜか、クッキーが食べたくなるような、
そんなお名前。

おいしいクッキーを楽天で探す⇒クッキー

手足口病の怖いところは、
原因ウイルスが数種類あるから、
何度もかかることがあるんだって。

かかる経路としては、
空気感染か、
排泄されたウイルスの経口感染。

流行するのは、
毎年6~9月。

だいたい2~3年ごとに大流行していて、
最近日本では1988年、1990年、1995年に大流行。

調べたところ、
最もかかりやすい年齢は1~5歳。

でも、まれにですが、成人にも感染するそうです。

一般に症状は、
年齢がすすむにつれて軽くなる傾向があるらしいけど。
潜伏期は3~4日くらいで、全経過は1週間程度。

症状は、手とか、足、おしりとか、口腔内に、
水疱性の発疹が出ること。

乳児は特に、おしりとか、ひざ、ひじに出ることが多いらしい。
その発疹にはかゆみが伴ってあらわれて、
それが3日ぐらい続き、6日ぐらいで消失すると。
合併症として下痢を伴うこともあるんだって。

治療法としては、対症療法があるくらいで、
原因ウイルスに対する、特効薬はなくて、
予防のワクチンもないんだって。

軟膏をぬったり、解熱剤を使用したり、
水分をこまめにのむことが大事らしいです。

2013年現在、九州や中国地方を中心に流行している手足口病が、
東京都の一部や埼玉県で、
6月24日~30日の週の患者報告数が増えてるんだって。

国立感染症研究所の定める流行警報の基準値を超えているって。

怖いのは治った後も比較的長い期間、
便などからウイルスが排泄されることがあるんだって。

あとは、感染しても発病せずにウイルスを排泄している人もいるから、
集団生活の中では感染を防ぐことが難しいのよ。。

一番大きな予防法は、

手洗いうがいを大切に!!

って感じです。

○手洗いをしっかり!
○患者との接触を避ける
○タオルなどの共有はしない

ってことらしいです。

感染してもそこまで深刻な状態になる病気ではないですが、
防げないのが怖いねぇ。

とりあえず、当たり前ですが、
手洗いうがいを真剣にやりましょうね。

手足口病は、怖い病気じゃないですよ。

スポンサードリンク