寒暖差アレルギーって何?寒暖差アレルギーで頭痛などの症状に悩む人の薬はあるのか?

[`yahoo` not found]
LINEで送る

━━━━━━[PR]━━━━━━
楽天カードは永久年会費無料!
ポイントもたまりやすい!

熱もないし、鼻炎や花粉症もないのに、

寒暖差がすごいと頭痛に悩まされる…

 

そんな人は寒暖差アレルギーかもしれません!

寒暖差アレルギーの症状について詳しく調べてみます!

対抗策や、薬はあるんでしょうか??

 

 

スポンサードリンク

 

寒暖差アレルギーとは?

 

寒暖差アレルギーは文字通り

「周囲の環境の温度差が大きいことにより、

鼻の奥が刺激されて起きるアレルギー性鼻炎に近い症状」

のことです!

 

鼻の奥が温度差で刺激されて、

血管の太さが変わることで、

鼻づまりだったり、

鼻水が出てくるなど…

 

いろいろな症状が起きるらしいです。

 

ちなみに正式には、

「血管運動性鼻炎」

と呼ばれるそうで、

花粉症などのアレルギー性鼻炎と同様に、

鼻過敏症の一種らしいですよ。

 

ちなみに・・・

よく誤解されるんですが、

 

アレルギーって名前はあるんですが、

アレルゲンがあるわけではないんですよ!

 

自律神経の乱れによって、

発生することが多いそうな。

 

一般的に、自律神経の対応可能な温度差は、

約7℃までらしいので、それを超えると自分ではうまく対応できなくなり、

寒暖差アレルギーになる人も出てくるそうですよ。

 

寒暖差アレルギーは男性より、

女性の方がなりやすいとのことで、

これは、筋肉量が少なく、冷え性になりやすいことから、

この冷えが、自律神経の乱れを引き起こしやすくなる…

ということらしいです。

 

わたし、もしかして・・・寒暖差アレルギー?

 

って思った人に対抗策や、薬について調べてみました。

 

寒暖差アレルギーにきく薬は?対抗策は?

 

一般的に寒暖差アレルギーにきく薬は、

アレルギー性鼻炎の治療と同様のものです。

 

有効な治療薬は、

抗ヒスタミン薬&点鼻ステロイド薬

で、アレルギー性鼻炎で飲むお薬と同じものが、

一番きくそうな。

 

薬の副作用として眠気などの症状が出やすいので、

飲むタイミングは気を付けてくださいね。

 

また、どの科で受診すればいいの?って悩む人もいると思いますが、

症状に合わせて、

鼻水が多い人は、耳鼻咽喉科。

じんましんとかのかゆみが大きい人は、皮膚科。

というように受診する科を選ぶのがいいと思います。

 

また対抗策としては、

寒い場所や乾燥する場所ではマスク!

筋肉を鍛える!

生姜やニンニクで血行をよくする!

ぬるめのお湯に長めにつかる!

温度調節のできる服で外出する!

 

などなど、冷えない工夫&自律神経の働きをよくするように心がけてくださいね。

スポンサードリンク