お茶漬けの日の由来、理由は?お茶漬けの日イベント情報もまとめました!


スポンサードリンク

お茶漬けの日は、5月17日。

お茶漬けの日なんて、日本っぽい日ですよね。

なんかのごろ合わせ?由来や、理由を調べました。

 

スポンサードリンク

お茶漬けの日の由来と理由

5月17日がお茶漬けの日になったのは、

深い理由が…

 

ありませんでしたw

 

お茶漬けの日が5月17日になった理由は、

 

煎茶の創始者であり、

永谷園創業者の先祖である永谷宗七郎の命日でした。

 

だから、永谷園が、2012年に制定。

 

なぜ2012年だったかというと…

「お茶づけ海苔」が60周年だったから。

 

永谷園のルーツは、

江戸時代にお茶の製法を発明し、

煎茶の創始者として京都にて

“茶宗明神”として祀られている永谷宗七郎(宗円)にあります。

 

そして、永谷園創業者の永谷嘉男は、

永谷宗七郎からつながる由緒あるお茶屋の家系。

 

お茶漬けの日は、お茶漬けを作った人ではなく、

お茶の製法を作った人の命日だったりはするんですよね。

 

スポンサードリンク