世界禁煙デー2016スローガンと、ポスターは誰?


スポンサードリンク

5月31日は毎年世界禁煙デーです。

喫煙している人は、知らないだろうし、
嫌煙の人たちも別に知っているわけではなさそうな、
世界禁煙デー。

images

俺は嫌煙家なので、
タバコ吸わなくなる流れは大賛成です。

どんなイベントが行われていて、
なぜ5/31が世界禁煙デーとなっているのか、
調べてみました!

スポンサードリンク

世界禁煙デーとは

世界禁煙デー(World No-Tobacco Day)とは、
1988年にWHOが制定した禁煙を推進するための記念日。

日本においては厚生労働省が主催して、
様々なイベントなどを実施しているんだって。

1987年の決議により、
1988年4月7日を「第1回世界禁煙デー」としたらしいです。

1989年以降毎年5月31日が世界禁煙デーとなったそうな。
だから、2回ぐらいは違うのかな?

日本では1992年(平成4年)より、
5月31日から6月6日までの1週間を禁煙週間と定めています。

守っている人少なそうだけどwww

世界禁煙デー2016スローガン

世界禁煙デーは毎年スローガンが設定されます。

今年(2016)のスローガンはこちら!

WHO(世界保健機関)世界禁煙デーのスローガン
2016年 Get ready for plain packaging

2016年 2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~ (厚生労働省)

なんか、長々と…。

東京オリンピックに向けて!って感じがありありと出てますね。

たばこが健康に悪影響を与えることは明らかであり、
禁煙はがん、循環器病等の生活習慣病を予防する上で重要で、
禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行うものらしいです。

そのためのテーマですね。

世界禁煙デー2016イベント情報

5月31日に「世界禁煙デー記念イベント」を開催!

いきいき健康大使でシンガーソングライターの平原綾香さん、
パラリンピアンの佐藤真海さん他を招いて、

“2020年を見据えた、
受動喫煙のない社会を目指して”

をテーマにトークディスカッションを行ったり、

国立がん研究センター・がん登録統計室長の片野田 耕太氏による講演
『受動喫煙による年間死亡者数(推計値)』
の初公表を行うそうです。

「世界禁煙デー記念イベント」 概要

日 時: 5月31日(火) 12:30~13:20

会 場: 丸の内オアゾ 1F 「OO広場(おおひろば)」(千代田区丸の内1-6-4)

プログラム

12:30 主催者挨拶 厚生労働省健康局長 福島 靖正

12:35 トークディスカッション
「2020年を見据えた、受動喫煙のない社会を目指して」
・平原 綾香 (いきいき健康大使、シンガーソングライター)
・佐藤 真海 (パラリンピアン)
・澤田 典絵 (国立がん研究センター 社会と健康研究センター疫学研究部 室長)
・正林 督章 (厚生労働省健康局健康課長)

13:05 専門家による講演  ※『受動喫煙による年間死亡者数(推計値)』の初公表
国立がん研究センター がん対策情報センター
がん統計解析室長 片野田 耕太

13:15 受動喫煙防止対策に関するロゴマーク公募のお知らせ

13:20 閉 会

世界禁煙デー2016のポスターは誰?

skd2016

世界禁煙デーの2016のポスターは、
五郎丸歩さんでした!

世界禁煙デー過去のスローガン

WHO(世界保健機関)世界禁煙デーのスローガン

2015年 Stop illicit trade of tobacco products
2014年 Raise taxes on tobacco
2013年 Ban tobacco advertising, promotion and sponsorship
2012年 Tobacco industry interference
2011年 The WHO Framework Convention on Tobacco Control
2010年 Gender and tobacco with an emphasis on marketing to women
2009年 Tobacco health warnings
2008年 Tobacco-free youth
2007年 Smoke free inside
2006年 Tobacco: deadly in any form or disguise
2005年 Health professionals against tobacco
2004年 Tobacco and poverty, a vicious circle
2003年 Tobacco free film, tobacco free fashion
2002年 Tobacco free sports
2001年 Second-hand smoke kills
2000年 Tobacco kills, don’t be duped
1999年 Leave the pack behind
1998年 Growing up without tobacco
1997年 United for a tobacco free world
1996年 Sport and art without tobacco: play it tobacco free
1995年 Tobacco costs more than you think
1994年 Media and tobacco: get the message across
1993年 Health services: our windows to a tobacco free world
1992年 Tobacco free workplaces: safer and healthier
1991年 Public places and transport: better be tobacco free
1990年 Childhood and youth without tobacco: growing up without tobacco
1989年 Women and tobacco: the female smoker: at added risk
1988年 Tobacco or Health: choose health


厚生労働省のスローガン

2015年 2020年、スモークフリーの国を目指して
~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~
2015年禁煙週間ポスター(厚生労働省)
2014年 オールジャパンで、たばこの煙のない社会を
2013年 たばこによる健康影響を正しく理解しよう
2012年 命を守る政策を!
2011年 みんなで知ろう!たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約
2010年 女性と子どもをたばこの害から守ろう
2009年 煙のない健康的な社会づくり
2008年 子どもをたばこから守るために
2007年 無煙環境を考える
2006年 やめたい人を手助けする禁煙支援
2005年 たばこ規制における保健医療専門家の役割
2004年 禁煙支援の推進
2003年 受動喫煙防止対策等の喫煙対策
2002年 たばことスポーツは無縁(無煙)です。-きれいにやろう!-
2001年 他人の煙が命をけずる:受動喫煙をなくそう
2000年 その1本 みんなの命 けずられる
1999年 たばこに サヨナラ
1998年 無煙世代をそだてよう!
1997年 手をつなごう!たばこのない世界をめざして
1996年 スポーツや芸術を通じて、たばこのない世界をつくろう
1995年 想像以上に大きいたばこの損失
1994年 メディアとたばこ:健康のメッセージをひろめよう
1993年 ヘルスサービス:たばこのない世界を開く窓
1992年 たばこの煙のない職場-もっと安全にもっと健康に-

ずっとこういうのあるんですね。

全然知らなかった。

俺はたばこ吸わないので、
がんがん禁煙活動してもらって構わないんですが、
中毒性あるから吸ってる人は吸いにくい世の中で大変ですよね。

お金かかるし、吸ってる人は大変だーw

いっそ禁煙したほうがいいと思いますよ。
この世界禁煙デーを機に!!

五郎丸さんのクリーンなイメージと、
スポーツマンって感じが、
タバコ吸わないぞ!って感じがしてかっこいいです。

スポンサードリンク