SWOT(スウォット)分析のやり方と、具体例を調べてみました。無料テンプレートのエクセルについてのURLも載せておきます。

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク

SWOT分析は、自社の成長戦略を創出するための、
マーケティングツールです。

強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、
機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) を評価するのに用いられる戦略計画ツールの一つ。

SWOT分析は、

内部要因の
S・・・Strength(強み)
W・・・weakness(弱み)

外部要因の
O・・・Opportunity(機会)
T・・・Threat(脅威)


の頭文字をとっています。

そこに、

3Cミクロ環境
顧客 Customer ニーズ(需要)
競合 Competitor シーズ(技術)
自社 Company ウオンツ(差別化)

というのを組み合わせて、
業界環境における成功要因を特定し、
自社の内部環境と、
自社の強み・弱みを特定するのです。

つまり業界を研究して、
うちはこういうところが他社に比べて強い、弱い、
そして、環境下において、
自社が克服、回避、撤退すべき内容を決めるんですね。

これをやってる会社は、
一流企業には多いんですよね。

日本ハムや、トヨタ、サイゼリヤ等の、
SWOT分析がネット上で検索されています。

自分の会社の弱みと強みを知ることが重要なんで、
あんまりにも自社に甘い査定は意味ないですし、
自社に甘すぎる環境状況を考えても意味がないのです。

成長するために、
自分に厳しくするっていうのが、
大事だっていうのは、
個人にとっても、企業にとっても、
大事なことで成長戦略が決められます。

意思決定は、SWOT分析により、
定められた目標が達成可能であるかを判断し、
達成が不可能であると判断した場合、
別の目標を元に、再度SWOT分析をやり直すという感じ。

どうやって、自社の強みを活かす?
どうやって、自社の弱みを克服する?
どのように機会を利用するか?
どのように脅威を取り除く?

難しいことですが、
自社に対して、もっともっと企業を発展させるためには、
必要なことなんだと思います。

簡単なやり方はこちらの本を参考にしてみてください。

【送料無料】これだけ!SWOT分析 [ 伊藤達夫 ]

SWOT分析用のエクセルはこちらのURLを参考にしてください。

http://template.k-solution.info/2006/01/swot_a4.html

スポンサードリンク