オートファジー(autophagy)の意味とは?大隅良典教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます!


スポンサードリンク

素晴らしいですね!!
日本人として誇らしい、嬉しいニュースが入ってきました!

がん、アルツハイマー病、パーキンソン病に
効果があるかもしれないという研究、
オートファジーの研究にノーベル賞が与えられました!

オートファジー

2016年10月3日に、
東工大名誉教授の大隅良典氏へ、
与えられた…

このオートファジー(autophagy)!

「オートファジー」とは?って当然疑問が上がると思うので…

その疑問点を解決するために、
俺がわかる範囲で…の注釈付きですが、
その細胞と作用について、意味を調べてみました!

スポンサードリンク

オートファージーの意味とは?

オートファジー

オートファジー (Autophagy) は、細胞内の一部を分解してリサイクルする仕組みで、主に外部から十分な栄養をとれないときに起こる。細胞内をきれいにする浄化作用や、病原菌を分解する免疫などの役割も担っていることが分かってきた。酵母のような単細胞生物から哺乳類まですべての真核生物がオートファジーの機能を持っている。オートファジーはまず細胞内に膜が現れることで始まる。その膜がたんぱく質やミトコンドリアなどの小器官を取り囲み、分解酵素を含んでいる別の小器官「リソソーム」と融合する。すると、取り囲まれたたんぱく質は分解されてアミノ酸となり、栄養素として再利用される。(朝日新聞デジタル10月3日)

東工大名誉教授の大隅良典氏が研究している、
このオートファジーについて、
2016年のノーベル医学・生理学賞が、
カロリンスカ医科大(スウェーデン)から送られました。

日本人のノーベル賞受賞者が3年連続!

素晴らしく誇らしいですねぇ。

大隅良典は、
「オートファジー」の仕組みを解明しました。

今後の医療に大きな影響をもたらす?と言われる、
このオートファジー。

オートファジーの仕組み

オートファジー

「オートファジー」、その意味は日本語で「自食作用」。

簡単に言うと、
たんぱく質がアミノ酸に分解されて、
栄養のなくなった細胞内で再利用されるという作用で、
仕組みのことです。

これにより、がんや、アルツハイマー等の、
難病と言われている病気の治療や、
原因を突き止めるのにも役立つというのが、
このノーベル賞受賞の要因です。

かなり前から知られていたことですが、
メカニズムや存在意義について、
を紐解いたのが、今回の受賞の理由なんですよね!!

1988年に、

酵母でタンパク質などが分解されていく様子を光学顕微鏡で観察することに世界で初めて成功(産経ニュース10月3日)

して、30年近く研究してきた結果が、
今回の受賞なんですよねー!!
素晴らしい!!

本当に役立つのは…10年後20年後?

大隅教授も会見で言っていましたが、
本当にこの研究が役立つのは、
10年後や20年後かもしれません。

まだまだ実際に役立つまで、
研究が進んでいない分野でもあります。

オートファジーの活発化で、
古い細胞が、分解されて、
新しい細胞が誕生し、
病気が治癒される…

というのを促せるようになるまでは、
時間が必要なようです。

いろいろな場面に役立つと考えられるこの研究ですが、
どうなるんでしょうか。

今後のオートファジーの研究について、
楽しみたいと思います。

人類の未来を変える可能性がある、
この研究。

オートファジー。
覚えておいて損はないと思いますよ!

スポンサードリンク