島田陽衣(はるい)ちゃんがバレエのワガノワ国際ジュニア部門で優勝!2位は吉江絵璃奈ちゃん!


スポンサードリンク

島田陽衣(はるい)ちゃんはこれからどんどん有名になりそうですよね。

島田陽衣

2位の吉江絵璃奈ちゃんにも注目です。

二人と、このワガノワ国際バレエコンクールについて調べてみました!

スポンサードリンク

ワガノワ国際バレエコンクールとは?

ロシアの名門ワガノワ・バレエ学校が主催する、
若手の登竜門的な大会です。

これまで、今回を含めて7回開催されており、
1988年に始まったもの。

このワガノワコンクールは実は、
なかなか開催されておらず…

10年ぶりの開催でした。

女子はジュニア、シニアの両部門、
男子は1部門で競われたもの。

2006年の前回は、
日本人では、
中家正博さん(新国立劇場)が3位にはいっています。
中家正博

島田陽衣さんが優勝!

ジュニア部門

1 prize – Bulanova Maria, Harui Shimada(島田陽衣:ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー)
2 prize – Savelieva Svetlana, Yoshie Erina(吉江絵璃奈:ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー)
Diana Vishneva award – Smirnova Anastasi

10年ぶりに開催された
第7回ワガノワ国際バレエコンクールは、
サンクトペテルブルクで27日まで行われて、

島田陽衣(はるい)さん(15)(ワガノワ学校)が、
女子ジュニア部門で優勝しました。

こちらが島田陽衣さん。
島田陽衣

島田さんは、
埼玉県出身で、
現在は留学中。

小さなころからやっていたバレエで、
本場に留学して、10年ぶりに開催されたコンクールで、
優勝するなんて…

将来性抜群ですよね!!!

島田さんの過去の受賞歴は、
ここで確認できます。
http://www.h6.dion.ne.jp/~s-rose/rose-compe.htm

2位も日本人の吉江絵璃奈さん!

続いて、同じく日本人の、
吉江絵璃奈さん(16)が同部門2位に。
吉江絵璃奈

ちなみに吉江さんもワガノワ学校に所属しています。

若い日本人が活躍しているんだなー。

男子部門も日本人が!

男子部門でも、千野円句(まるく)さん(17)
(ボリショイ・バレエ学校)が2位に入りました。
千野円句

すごい名前ですねw

マルク!

第7回ワガノワ・プリ

-International ballet competition

 VII VAGANOVA-PRIX-

男子部門

1 prize – Lee Sangmin
2 prize -Chino Mark(千野円句:ボリショイ・アカデミー), Geraschenko Egor
3 prize – Zagidullin Erwin
Best partner – Lazarev Arseniy

フランス語圏に多い名前ですよね。
マルコに由来している感じ。

これからの活躍に期待しましょう!

スポンサードリンク