キッコーマンがしぼりたて生しょうゆのボトルはすごいんだけど、ぴゅーって音が気になる。

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク

さてさて、キッコーマンのしぼりたて生しょうゆのお話。

キッコーマンは、日本が誇る万能調味料、
しょうゆの一大メーカーで、
2010年ぐらい?に登場した、
しぼりたて生しょうゆが、
固定化されたしょうゆのイメージを覆す大ヒットを記録、
トップの誇りを見せ付けた企業です。

しょうゆの国内市場は、
年間1600億円程度で安定的に推移していて、
キッコーマン、ヤマサ醤油などを中心とした、
大手5社がシェアの半分を占めています。

ただし、国内には地場の中小業者を合わせると、
約1500社ものメーカーがひしめき合う激戦区になっているらしく、
そこでのシェアの奪い合いを毎年やっているそうな。

しょうゆ市場はそもそも、
地域密着の要素も強く、
定番の調味料だからこそ、
大ヒット商品ってのは生まれにくいっていうのが、
常識でした。

その常識を打ち破ったのが、
キッコーマンが2010年9月に投入した
「いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」シリーズでした。

今期(13年3月期)の売上高は20億円。
前期(11億円)から約8割も伸びる見込だそうです。

キッコーマンでは、加熱しない製法で、
90日間鮮度を保つというこのしぼりたて生しょうゆ。

これはしょうゆの革命でした。

密閉容器に入れたことで、
かなり長期間にわたって品質保持ができ、
火入れをしていない生のしょうゆの香りが楽しめる。

1滴単位で出る、
倒してもこぼれないという、
素晴らしい容器。

国内のしょうゆ売上高のうち、
この新商品が占める割合は現在5%(22億円)。
今年度は8%(35億円)まで伸ばす計画だそうな。

価格が高くても、いい物を作れば、
売れるというのを見せ付けたのが、
キッコーマンのしぼりたて生しょうゆ。

普通のしょうゆより、容量は少なくても、
値段が高くても、やっぱりいいものはいいから、
売れるんですよね。

量より質、といいきるキッコーマンはかっこいいですよね。

自分も一人暮らしなんですが、
あのしょうゆお気に入りで使ってます。

しょうゆかけるときに1滴だけかけるとかできるのが、
本当に便利ですよね。

ただ、しょうゆかけて、手を離したときに、
「ぴゅー」ってなるのだけはかなり気になるけど。

本当に、空気をシャットダウンしている感じがして、
あれもいいんだけどね。

美味しいしょうゆをいつもありがとう。
キッコーマンすばらしい!!!

スポンサードリンク