オバマケア反対の理由は?トランプはどうする?


スポンサードリンク

アメリカの次期大統領に選出された
ドナルド・トランプ。

バラク・オバマ大統領が成立させた医療保険制度、
通称「オバマケア(Obamacare)」について、
内容の修正を検討する意向を表明しましたね。

bc1f5261

選挙戦では同制度の撤廃を繰り返していて、
公約として掲げていたんですが・・・

結局ふつうの方針になっていくだろうなー。

オバマケアへ反対の理由は何でしょうか?
アメリカの医療費の高さ、その理由と、
オバマケアの問題点などを、
調べてみました!!

スポンサードリンク

オバマケアとは?

アメリカで、
2014年1月から医療保険制度改革法(オバマケア)がスタート。

正式には、
Patient Protection and Affortable Care Act
(日本語訳:患者保護ならびに医療費負担適正化法)
という法律なのですが、
オバマ大統領が推進したのでオバマケアと呼ばれています。

オバマケアは、
民主党が推進していた方針なので、
トランプの支持母体である、野党共和党は、
オバマケアに強硬に反対。

アメリカ議会はかなり混乱したのは、
覚えていますよねー。

images-1

オバマケアの内容とは?

オバマケアは、全国民を医療保険に加入させる法律です。

医療保険制度改革法(オバマケア)は、
アメリカ国民(永住権を持っている外国人、労働ビザがある外国人も含む)全員が、
医療保険に加入することを目指して作られたもの。

実は、アメリカには日本のような国民皆保険制度がありません。

日本には国民皆保険制度があり、
国民は原則として全員が
国民健康保険や健康保険組合などの公的保険に入っています。

病院で、医療費の2割とか3割のみの支払いで済んでいるのは、
私たちが公的保険に入っているからです。

これが日本では当たり前なのですが、
アメリカではなかったんですよね。

これ意外でした!!

日本は民間の医療保険に入る必要がないという人は、
この国民健康保険への加入がしっかりしているからなんですよね。

でも、アメリカは、公的な医療保険は、
低所得者、低障害者、高齢者向けのみ。

そのため、公的保険に入っていない人が圧倒的に多数であり、
この大多数の人たちは、そのままだと無保険状態になってしまいますから、
職場を通じて、あるいは自分で、
民間の医療保険を契約しないといけないんですよねー。

でも、ここで問題になってくるのが、
低所得者ではなくて、
中間層。

保険料が支払えないなどの理由から、
2011年においては、
15%の人が完全に無保険状態で生活していたんですよね。

オバマケアに反対の理由

ここまできくと、問題はないんですが、
なぜこの制度に反対なんでしょうか?

「アメリカの医療費が高い」
というのは聞いたことがありますよね??

高い医療費のせいで、
破産する人もいるそうです。

オバマケア以降、状況は良くなるどころか、
逆に保険料が値上がりしているそうな。

なんだろうねこれ??

アメリカでは第2次世界大戦ごろから、
福利厚生として従業員に医療保険をかける企業が多くあらわれて、
現在でも多くの人が職場を通じて医療保険に加入しています。

そういう歴史があるためか、
職場で医療保険に入ることが一般的な社会としては、
国民皆保険制度への反対を生み出してしまっているんですよね。

国民皆保険制度になれば、
全員に、均等に、って感じですから、
当然、保険の質は落ちます。

働いている人たちが
より高い保険料を支払って、
低所得者を助けなければならない…
ってなると、反対になりますよね。

ただ、アメリカの民間医療保険の保険料は、
月15万円に及ぶこともあるそうで…

これ、入院をカバーするだけの、
格安プランだけでこのぐらいするらしいです。

アメリカでは、救急車で緊急搬送されるときに、
救急隊員が患者が契約している保険の種類を確認して、
判断するんですよね。

こういうところで、
日本人でよかったなーって思います。

アメリカの医療費の高さ

特に医療費が高いと言われているアメリカですが、
ニューヨークはもっともすごいといわれています。

その中でも医療費が高い地区と言われているのが、
観光地としても有名なマンハッタン。

外務省が発表している情報を元にすると、

性虫垂炎(盲腸)手術後に腹膜炎を併発(入院8日)7万ドル(約875万円)
腕を骨折して手術(1日入院)1.5万ドル(約187万円)
貧血で治療(2日入院)2万ドル(約250万円)
※レート:1ドル=125円で計算

…盲腸で、875万円!!

そりゃ、破産するよね…。

初診料は一般の病院で150~300ドル(18,750~37,500円程度)、
専門医なら200~500ドル(25,000~62,500円程度)かかるらしいでうs。

日本では、虫垂炎の治療にかかるのは30~40万円程度。

やっぱりアメリカの医療費は圧倒的にすごいですよね。

オバマケアでは改善されず

オバマケアで改善されているかというと…

実は改善されておらず、より悪化していると言われています。

これはなんでなんでしょうか??
obama

まずは、オバマケアによって、保険料が上がってしまいました。

オバマケアで保険会社への規制が強化され、
保険に含むべき保障内容10項目が決められ、
健康状態によって加入を拒否することができなくなりました。

保険会社だって、
慈善事業ではないので、
持病があって医療費支払いリスクが高い人は、
受け入れたくないだろうに、
それを入れないといけなくなれば、
保険会社の破産リスクも上がりますよね。

 
世界一の医療技術を持ちながら、
国民が十分にその恩恵を受けられないというのが、
アメリカの黒い部分。

病気破産が当たり前にある、
そんなアメリカの闇の部分を、
トランプは緩和していく、って言っていましたが…

アメリカで病気になったときは、
みんながちゃんと低価格で治療を受けれたら最高なんですが…

難しいでしょうねー。

スポンサードリンク