アンシャン・レジームの意味とは?小池都知事が発言して話題!

[`yahoo` not found]
LINEで送る

━━━━━━[PR]━━━━━━
楽天カードは永久年会費無料!
ポイントもたまりやすい!

アンシャン・レジームの意味とは?
小池都知事が発言して話題!

que-11156349991

東京都議会定例会の本会議が開かれて、
また小池百合子さんが、
外来語、カタカナ語を使いましたね。

8日開かれたときに発言したもので、
アンシャン・レジームっていう発言が気になりましたね。

スポンサードリンク

発言の真意は?

五輪施設見直し問題をめぐって、
また名言、迷言が飛び出しましたね!

レガシーやら、都民ファーストやら、
シャ乱Qじゃないけど、
カタカナ大好き小池さんですからねー。

小池氏が2日の定例会見で
「大きな黒い頭のネズミがいることが分かった」
と発言したことについて、

自民の三宅正彦都議は
「昨日の答弁で『ご想像にお任せします』という答弁があった。
自身の発言に責任を負わないのは大変残念」

って行って、ネズミは誰なのか!?という、
質問をしていましたね。

小池さんの回答に、
今回のカタカナ語、アンシャン・レジームという言葉がありました。

「誰がどうだとは話していない。
あえて説明するなら、これまでの古い体制。

カタカナになってすみませんが、
アンシャン・レジーム(フランス語で旧体制の意)」

と回答していましたが…

それに都議会は失笑でした。

アンシャン・レジームの意味とは?

アンシャン・レジームとは、
旧制度、旧体制の意味で、
フランス革命前の封建社会のこと。

フランス語でアンシャン=レジームとは「古い体制」の意味。

通常は「旧制度」と訳すんですが、

時代としては、フランス革命前の、
絶対王政下のフランスの政治・社会のありかたをいいます。

ブルボン朝の国王が頂点で、

その下に聖職者である第一身分、
貴族である第二身分が特権階級としていて、
その絶対数は本当に国から見れば
ごくわずかの少数でしかなかったにもかかわらず、

国土の大半を領有する封建領主として農民を支配していて、
免税特権を認められていたものです。

それ以外の大多数の都市の商人、
農民など特権を持たない人びとは第三身分。

特に農民は農奴として重い負担に苦しめられていました。

パリなどの都市にはブルジョワも成長していましたが、
まだまだ力は弱く、農民と同じく思い課税に苦しんで、
参政権も認められていませんでした。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

アンシャン・レジームの3つの身分

フランスのアンシャン=レジーム下では、
人は3つの身分に分かれていました。

第一身分(聖職者)、第二身分(貴族)に次ぐ身分とされたのが、
商工業工業者、都市民衆、農民など、人口の大部分を占める第三身分。

その中でも大きく二つに分かれます。

農民と市民(都市住民)で別れていて、
その中でも、それぞれ富裕な層と貧困層(小作人や下層市民)に分かれました。

少数の富裕なブルジョワ=有産市民(商工業ブルジョアジー)として、
絶対王政に反対したが、共和政への急進的な変革にも反発する存在でした。

サンキュロットとは?

下層市民はサンキュロットと言われていて、
革命の過程で急進派を形成します。

フランス革命ですね。

第三身分は、領主への貢租、国王への租税、
教会への十分の一税などの負担を強いられていたものの、
参政権その他の人権は認められなかったため、
革命を起こす原動力となりました。

1788年、シェイエスは、
『第三身分とは何か』を発表し、
アンシャン=レジームを批判することで
フランス革命の口火を切りました。

今回の小池知事の発言は、
身分が違う人たちがいるってことではなくて、
少数の人たちが決めたことが、
大きな人たちに圧制をしいているということが言いたいんでしょうね。

スポンサードリンク