中古マンション投資で失敗する人の特徴。


スポンサードリンク

中古マンション投資…

最近流行っていますが、
これで失敗している人も多いそうです…

個人で資産運用して、
老後に生活していく資金をためておく、
準備しておく、
そんな時代はすでにはじまっています。

だから、投資自体が悪いわけではないですし、
失敗しない投資の方法はあります。

ですが、失敗すると、
かなり大きな借金、負債を背負ってしまいます。

そうならないために、
失敗例からまなびましょう。

中古マンション投資で、失敗しないためには、
こういったサイトで無料DVDを請求してみてはいかがでしょうか?
失敗しない中古マンション投資ならGA technologies

スポンサードリンク

不動産投資の中でも安定的に人気があるのは中古マンション投資!

不動産投資の中でも、
初期費用が抑えられ、
安定的に収入を得ることができるので、
やっぱり、中古マンション投資が人気ありますよね。

いろんなサイトでやり方がまとめられたり、
電話がかかってくるなんて人もいるのでは???

それでも、成功する人がいる中で、
失敗して多額の損失を抱えたり、
すぐに撤退してしまう人も少なくありません。

それはなぜでしょうか?

中古マンション投資で失敗してしまうのはどのような人なのでしょうか。

中古マンション投資で、失敗しないためには、
こういったサイトで無料DVDを請求してみてはいかがでしょうか?
失敗しない中古マンション投資ならGA technologies

中古マンション投資で失敗しがちなケース

中古マンションで失敗しがちなのは、
こんなケースの人。

当てはまる人は、気を付けてくださいね!!!!

  1. 表面利回りのみを見て収益性を判断してしまい、利益が出ない
  2. 自分が決めずに、勧められるまま購入⇒買ってから悪質な業者だと判明
  3. 多額の管理費、修繕費が必要な物件だった
  4. 計画通り入居者が増えずに、空室率が高くなった
  5. 入居者の滞納が多いため、損失が増えた
  6. 多額のローンを組み、毎月現金の持ち出しがある

これらのミスの原因は、投資開始時に入念な計画・準備を行なわなかったこと。

多くの失敗を防ぐ方法は、

  1. 「リスクの計算を行なう」
  2. 「正確に利回り計算を行なう」
  3. 「正確な資金計画を立てる」

というリスクヘッジの方法がありますよ!!

中古マンション投資の失敗事例!

リスクに出費が多くなってしまったケース。
「家賃下落リスク」「空室リスク」「物件価格下落リスク」などや、ランニングコストとしての「修繕費」「税金」などが大量に発生し、計算をしていなかった場合などが失敗事例としてあります。

・物件価格:1000万円
・頭金:250万円
・借り入れ:750万円(20年ローン)
・家賃:10万円

20年ローンのため、金利を4%とすると毎月の返済は約4万5500円。

家賃収入から返済額を引くと、単純計算で毎月5万4500円が手元に残ります。

表面利回りを計算すると6.5%。

同じ物件を3部屋保有していれば、

毎月の収入は16万円を超えます。

そんな説明で投資を始めたものの…

計算に、修繕費の上昇、家賃の下落、空室率の上昇などが含まれておらず。

実際に修繕積立金が1700円から、7500円にまで引き上げられ、

入居の募集をかけても入居者が現れず、

家賃を10万円から8万5000円まで引き下げたため…

手元に残るお金は5万4500円から3万2000円になり、実質利回りが3.8%になってしまった…

というケースがありました。

解決策としては

最初から予想される実質利回りを、厳密に計算して資金計画を立てること!

これが失敗を防ぐ方法になります!!

 

中古マンション投資で失敗しない方法まとめ

中古マンション投資で気をつけなければならないポイントをまとめると、以下のようになります。

①管理費・修繕費、税金、主要なリスクまでも含めて実質利回りを計算する
②自己資金を多く、レバレッジは低くしてはじめる
③物件の安さや利回りの高さだけでなく、物件の価値、立地、不動産業者の情報の正確さまで総合的に見て判断する

これらのポイントを守って、投資に失敗しない中古マンションを見つけましょう。

中古マンション投資で、失敗しないためには、
こういったサイトで無料DVDを請求してみてはいかがでしょうか?
失敗しない中古マンション投資ならGA technologies

スポンサードリンク