横浜Fマリノスの2017年度新背番号発表。中村俊輔が退団したり、大激震の末の新ンバーの背番号は?


スポンサードリンク

さぁ、シティーグループとの提携により、
大揺れの横浜F・マリノス。


2017年1月15日、
日産グローバル本社「日産ホール」で行われた、
横浜Fマリノスの「2017 新体制発表会」。

何人も契約満了で主力選手が抜けていき、
年俸も半額提示を出されたりと、
新体制発表会見の前にいろいろあったマリノスの、
新背番号をまとめてみました。

スポンサードリンク

横浜Fマリノスの2017年退団選手は?

横浜Fマリノスは2017シーズンを迎える前に、
主力選手が大量に流出。

マリノスの至宝、国内ではマリノス以外でプレーしたことがなかった、
元日本代表MF中村俊輔がジュビロ磐田へ。

去年の正GKの榎本哲也は西川という絶対的GKがいるにも関わらず、
マリノスにいるよりは…ってことで浦和レッズへ。

レギュラーのMF兵藤慎剛は、J1に上がったばっかりで、
積極的な獲得をしている北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍で加入。

さらにクビを切られたDF小林祐三は、サガン鳥栖へ移籍。

そのほかにも、ファビオはガンバ大阪へ。

ネガティブな話題が多かったシーズンオフでしたね。

長谷川亨代表取締役社長も退任

この日長谷川亨代表取締役社長が15日付で退任することも決定。
日産自動車株式会社の古川宏一郎氏が、後任を務めることも決まりました。
フロント、チームともに人員刷新が行われるという…

これまでマリノスを応援していた人も困惑する状況になってしまう、
哀しいオフとなりましたね。

横浜Fマリノス2017の新加入選手はそこそこいいのいますよ!

いちおう光明としては…

年俸50%OFFと報道されて、
去就が注目されていたDF中澤佑二との契約更新は15日、新体制発表会に先駆けて発表されましたし、
降格した名古屋グランパスからMF扇原貴宏、
レッドスター・ベオグラードからポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの加入が決定して、
柏レイソルのリオ五輪候補だったDF山中亮輔、
アルビレックス新潟のDF松原健と、両サイドバックの補強にも成功したのは、
よかったですよね。

横浜Fマリノス2017のシーズン選手背番号!

横浜FMの2017シーズン選手背番号は以下のとおり。

2 DF パク・ジョンス
4 DF 栗原勇蔵
5 MF 喜田拓也
6 MF 扇原貴宏(名古屋グランパスから完全移籍加入)
7 FW ウーゴ・ヴィエイラ(レッドスター・ベオグラードから完全移籍加入)
8 MF 中町公祐
11 MF 齋藤学
13 DF 金井貢史
14 MF 天野純
15 DF 新井一耀
16 FW 伊藤翔
17 FW 富樫敬真
18 MF 遠藤渓太
19 FW 仲川輝人(FC町田ゼルビアへの期限付き移籍から復帰)
20 FW マルティノス
21 GK 飯倉大樹
22 DF 中澤佑二
23 DF 下平匠
24 DF 山中亮輔(柏レイソルから完全移籍加入)
25 MF 前田直輝
26 MF 中島賢星
27 DF 松原健(アルビレックス新潟から完全移籍加入)
28 DF 高野遼(日本体育大学から新加入)
30 GK 鈴木彩貴(ギラヴァンツ北九州から完全移籍加入)
31 GK 杉本大地(京都サンガF.C.から完全移籍加入)
32 GK 原田岳(横浜F・マリノスユースから昇格)
33 MF 吉尾海夏(横浜F・マリノスユースから昇格)

MF喜田拓也が「5」に変更となり、扇原は「6」、
ウーゴ・ヴィエイラは「7」を背負うことが決定。

背番号10は空き番号となりました。

背番号10のいないシーズンになりますかね?

2016シーズンの登録選手で、
1月15日14時時点で契約更新や他クラブへの移籍について発表されていない選手は、
日本代表FW齋藤学のみです。

川崎フロンターレへの移籍の可能性はどうなっているんでしょうか?
これからを考えたら、川崎フロンターレで戦っていくのは、
楽しみだと思うんですが…。



スポンサードリンク