フィンリー・バーンズに3500万!?マンCが獲得した13歳のDF(顔写真あり!)を獲得!

[`yahoo` not found]
LINEで送る

━━━━━━[PR]━━━━━━
楽天カードは永久年会費無料!
ポイントもたまりやすい!

プレミアリーグのマンチェスター・シティが、
同国3部リーグのサウスエンド・ユナイテッドから
13歳のDFフィンリー・バーンズを獲得しました!

こういうのきくと日本は遅れてるなーって思いますよね。

久保建英がイングランドの選手ならもっと早い段階で、
どっか大きなチームが買っていてもおかしくないよね。

さて、フィンリー・バーンズの獲得にあたっては、
アーセナルやチェルシー、リバプールなどの、
プレミアリーグの強豪クラブが、
争奪戦をしていましたね。

この繰り広げていた。

シティがバーンズを獲得するため支払う金額は17万5000ポンド(約2470万円)で、
ボーナスを含め最大25万ポンド(約3540万円)に達する可能性があるそうです。

なんと13歳の選手を獲得するため支払われる金額としては新記録だと伝えられている。

育成年代の選手の移籍に関する補償金の規定によれば、
シティは3万4000ポンド(約480万円)の支払いでバーンズを手に入れることも可能だったらしいけど、
あえてその数倍を支払って獲得したのは、
それだけフィンリー・バーンズに期待している証拠ですよね。

こういう選手を世界中の大きなチームに、
売るとお金が入ってくるんですよね。

日本でいうと、フッキが移籍金を得る移籍すると、
川崎フロンターレやコンサドーレ札幌、ヴェルディにお金が、
入ってきますからね。

こういうのは大事ですよね。

スポンサードリンク