3月のライオンの感想。ネタバレ含みます。映画見てきました。


スポンサードリンク

3月のライオンの前編の映画を見てきました。
アニメもやっていた、3月のライオン。
結局、俺の中ではアニメのほうが全然よかったね。

原作を丁寧に再現しつつ、
しっかりとアニメに仕上げた、
アニメ版と、

原作を少しずつ変えてしまっていた、
神木隆之介君主演の実写映画。

るろうに剣心の大友監督で、
作成されたこの映画。

ネタバレを含んだ感想を言っていきます。

3月のライオンのあらすじ

桐山零(きりやま れい)は、幼いころに交通事故で家族を失い、
父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、
15歳で将棋のプロ棋士になりました。

幸田の実子の香子たちとの軋轢もあり、
六月町にて1人暮らしを始めた零は、1年遅れで高校に編入するが、
周囲に溶け込めず校内で孤立し、将棋の対局においても不調が続いていた。

自らの境遇を停滞していると感じていた零は、
ある日先輩棋士に無理やり付き合わされたあげくに酔いつぶされ、
倒れてこんでいたところを介抱されたことがきっかけで、
橋向かいの三月町に住む川本家と出会い、
三姉妹と夕食を共にするなど交流を持つようになる。

そんな折、獅子王戦トーナメントにて、
義姉の香子を巡る因縁を持つ棋士・後藤との対決に零は気炎を上げるが、
それを意識するあまりに己の分を見失い、
格上であるA級棋士の島田を侮っていたことを島田本人に見透かされて、大いに恥じる。

その後、島田と後藤の対局を見た零は、ひとつ自分の殻を破り、島田の研究会に参加する。

3月のライオン原作との違い

キャラクターが全然ちがう部分や、
あかりさんとの出会いのシーンが変になっていたり、
後藤と香子さんが初詣に来ていたり、
大盤解説シーンが変だったり、
セリフが足りなかったり。

君は僕を信用しすぎた。
とか、

研究会に入らないか?って島田さんからは言わなかったり。

川本家が全員で新人戦の決勝見ていたり。
なんか変な感じのシーンが続いていて、
将棋連盟の会長が桐山くんに肩入れしすぎたり、
変な感じがしました。

あと一番いやだったのは、
最初の桐山くんとあかりさんの出会いのシーンで、
倹約しているはずのあかりさんが、
タクシーに乗って移動していたこと。

これはキャラクターの冒涜だと思います。
移動手段にタクシーを使うキャラではないと思うんだよね。

あとは、スミスのキャラも変だったし、
二階堂も変だったし。

島田さんの髪の毛ふさふさだし。

そういうところが、変な気持ちをいっぱいにさせました。

3月のライオン前編の感想

最終的にはいい映画でした。

有村架純は強い女の子もできるんだなぁ。
性格悪そうだけど、
それでも性格よく見える。

そういう顔しちゃってるのがかわいそう。

神木隆之介くんは、
本当に童貞っぽく見えるからすごいですね。

なんか映画が長くなってしまっていて、
対局シーンとか無駄にアップが続いていて、
少しだけ眠くなりました。

シーンの説明が足りなくて、
おもしろさが半減しているシーンが多くて、
大友監督は、アクション映画のほうがあってるんだろうな。

こういう大人しい映画はあんまりあっていない気がします。

3月のライオン後編も、予告を見る限りだと、
設定がずれてそうだし、へんな感じになりそう。

まぁ、見に行くけどさ。

有村架純の下着姿を見れるだけで、
見に行く価値はありますよw

そして、ぼくのりりっくのぼうよみ、
のエンディングが映画にあんまりあってなくて、
ちょっとかわいそうだったなぁ。

超かっこいいのに。

スポンサードリンク