ライフラインはどれぐらいの滞納で止まる?とまる順番は?


スポンサードリンク

どうしてもお金が払えない…っていうときありますよね。

そういうときに、1か月ぐらいなら…って思う人もいると思います。

俺も電気代とか、ガス代とか、携帯代とか、

1か月ぐらいとめたことはありますね…

※水道は、2か月で結構安いので、

とめたことないですw

 

 

びびりなので、最後通牒が来る前には支払ってしまうので、

まだとまったことはないんですが…

電話、ガス、電気、水道はどの順番に止まるんでしょうね?

 

一般的に言われる順番と、

止まるまでの期間を書いていきますね。

スポンサードリンク

 

最も早く止まるもの…携帯電話・固定電話

固定電話

固定電話は、NTT東日本として、説明していきますが…

固定電話は、本来の支払期日から1か月弱で利用停止となるそうです。

 

そして、支払期日の翌日から、

支払日の前日までの日数について、

年14.5%の延滞金がついてくるそうです。

 

4月分の請求は6月頭ぐらいがですから、

その後4週間ぐらいたった時に止まります。

 

なので、7月ぐらいには、止まることとなります。

 

利用停止から2~3週間で強制解約となります。

 

携帯電話

 

携帯電話はメーカーにもよりますが、

利用月の翌月に支払日が来ます(日にちはそれぞれ変わります)

 

この日に支払いが実行できないと、

その10日後には、未払いの通知が来て、

そのまま支払わなければ、

1か月後には利用停止となり、

さらに1か月未納だと、強制解約となります。

延滞金の利率は固定電話と同様となります。

 

次に止まるもの…電気

電気は電話代の次に止まります。

支払期限は、電気料金の検針の翌日から数えて30日後となります。

支払期日を20日経過しても払わない場合は、

送電停止となる可能性がありますが、

通常の場合ははがきで支払いがなされていない旨の通地が来ます。

 

その後、支払いがなされるまでは、

年10%の延滞金がつくことになります。

 

さらに、支払いがなされなければ、

最後通知に近いものが届くことが多いようです。

 

次に止まるもの…ガス

ガスを止められる場合は、電力とほぼ同じだといわれています。

検針日の翌日から30日後に支払いがなされなければ、

20日後には止められるとされています。

 

延滞金も同様に10%となっています。

ガスと電気はどちらが先に止まるかというのは、

一概にはいえません。

 

最後に止まるもの…水道

命にかかわる順に止まる、というのは、

貧乏だった俺の幼少期の体験上知っています。

 

水道代金は2か月に1度の支払いであり、

毎回2か月分の支払いがなされますが、

健診から15日後に請求書が発送され、

請求書発送から10日後が支払期限。

 

滞納を続けると、3か月程度で止められるとのことです。

延滞金の有無は、各水道局によって変わります。

 

水道代金は最後の最後に止まるんですが、

これは水を飲まないと、人間の命に係わるから…

というのがまことしやかにいわれていますよね。

 

当然、すべてを期日通りに支払えれば、

問題はないのですが、

公共料金をどうしても払えない場合は、

それぞれの会社に相談してみると、

分割払いや、支払日を先延ばししてもらえるかもしれません。

相談内容に応じて変化しますので、

誠実にお願いしましょうね。

 

スポンサードリンク