清水富美加、松井玲奈、落合モトキ、荒井敦史で笑う招き猫!キャストや、あらすじをまとめました!ドラマ&映画公開決定!


スポンサードリンク

ちょっといろいろあって(もう日本国民全員が知っていると思いますが)、
清水富美加さんが、改名をして以前の事務所をやめてしまい、
出演している映画や、ドラマの放送はどうなるのかなー?って思っていたんですが…

無事笑う招き猫は、ドラマも放送されましたし、
映画も放映されるみたいですよね。

by カエレバ

 

ドラマで見ていましたが…
清水富美加 松井玲奈 落合モトキ 荒井敦史
の4人の雰囲気めっちゃ楽しそうですよね。

スポンサードリンク

笑う招き猫のあらすじ

【笑う招き猫 スペシャルドラマ】

共に27才。出会って7年。コンビ組んで5年。

ヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)は漫才コンビ「アカコとヒトミ」として活動している。

売れる足がかりを掴むため、所属事務所のネット動画チャンネルへ向けた動画を制作する事が二人の日課。
幼なじみの蔵前真吾(落合モトキ)と大島洋次(荒井敦史)に制作を協力してもらっているが、なかなかその再生回数は伸び悩んでいる。
今回は、漫才の練習中に泥酔してしまったアカコにヒトミがドッキリを仕掛ける事に…。

ドラマ版はどちらかといえば、

youtuber(ユーチューバー)っぽいことをして、

無名お笑い芸人がふざける、

みたいな感じで、個人的には、

苦手な話と、苦手じゃない話が、

交互に来る感じでした…

 

おもしろいと思えないのは、

俺がおじさんだからかな・・・

って思っちゃうような、

そんなお話だったり。

by カエレバ

 

もちろん面白い話もあったし、

ドラマ版の最終回とかは、

けっこうすきで、録画して何回もみちゃった!!

【笑う招き猫 映画】

ヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)は、芸歴5年、何度も喧嘩別れをしては腐れ縁の恋人同士のようにヨリを戻す、27歳の女漫才師コンビ。人気も仕事もほとんどない二人は、アカコの幼馴染の自転車屋・蔵前(落合モトキ)と元いじめっ子の先輩で蕎麦屋の大島(荒井敦史)とツルんでは、ご近所の厄介ごとに首を突っ込んで、違う意味で慌ただしい日々を過ごしていた。そんな二人に、先輩芸人とのトラブルがきっかけで思わぬチャンスが舞い込んできた…。

こちらは、原作と同じような流れですかね。

まぁドラマ版は導入というか、

こういうの作るの最近多いから、作っとこうか…

みたいな感じでしたよね。

おもしろかったんですが、やっぱり原作ありきで考えると、

映画は小説をいかになぞれて、

しかもオリジナルな部分を入れれるか、って感じですもんね。

別物としても、

楽しい作品になっているといいなー!!

笑う招き猫のキャスト

清水 富美加 (しみず ふみか)

1994年12月2日生まれ、東京都出身

「レプロガールズオーディション2008」グッドキャラクター賞を受賞後、

ファッション雑誌のモデルとして活躍。

1つの夢に向かっていく事はとても輝かしいですが、現実はそんなに甘くない、悩みも不安も絶えない。そんな中でどうするのか見つけてゆく、選んでゆく。
ただワイワイしてるだけではない人生を描いている所がこの映画の魅力の1つだと思います。
‬ 「わー、大変そう、撮影前からもう辛い」というのが、台本を読んだ時の正直な感想です。漫才をやるということ、体を張ったり色んな顔を見せなきゃいけないこと、セリフのあまりないシーンで淡々と過ごすという苦手なシーンも沢山だったからです。
でも飯塚監督と松井玲奈ちゃんがいてくれて本当に良かったです。

松井玲奈 (まつい れな)

1991年7月27日生まれ、愛知県出身。

2008年にSKE48の1期生としてデビュー。

まさか自分が漫才師を演じるなんて、お話を聞いた時は不安しかありませんでした。でも、最初の台本を読んだ時には爆笑していました。
撮影が始まるかなり前から漫才稽古を始めて、相方の清水さんと漫才ができたことは、とても貴重な経験です。
毎日ワイワイとした現場で、学生時代に暗い思い出しかない私にとっては、個性的なキャストさんに囲まれて遅れて来た青春みたいでした。
ドラマから映画まで続けて見て、笑って泣いていただきたいです。

その他のキャストは…

幼馴染の自転車屋…蔵前真吾(落合モトキ)

落合モトキくん、ドラマとか、映画出すぎでしょ!ってぐらい、

活躍中ですよね。

元いじめっ子の先輩で蕎麦屋…大島洋次(荒井敦史)

荒井敦史くんって、あんまり知らない俳優さんだったんだけど、

巧いね!この人!

これから注目したい俳優さんの一人です。

 

浜野謙太…歌手だけど、俳優もできて、奥さん美人なのずるいw星野源とは差がついてる気がするけど…

前野朋哉…一寸法師!かりそめ天国!桐島!いいキャラクターですよね。

稲葉友

那須晃行(なすなかにし)

中西茂樹(なすなかにし)

犬飼直紀

森田想

諏訪太朗

岩井堂聖子

嶋田久作

市川しんぺー

中村倫也

角田晃広(東京03)

菅原大吉

岩松了

戸田恵子

という豪華なキャスト!!

 

漫才師の映画ですから、

お笑いがどこまでちゃんとできるかですが…

なすなかにしさんといい、

東京03の角田さんと言い、

ちゃんとお笑い芸人が脇を固めてくれているので、

おもしろくなりそうですよね。

 

二人のコメントも、楽しそうな雰囲気でいい感じ。

清水富美加さんが、レプロをやめて、

いろいろあったのはわかりますが、

この映画とは切り離して面白いと思ってもらえるような、

そんな映画になればいいですよね♪

 

笑う招き猫は、大好きな小説家、山本幸久さんの作品なのんで、

主演の二人と、幼馴染の二人の演技を楽しみにしたいと思っています!!

 

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク