井手口陽介の嫁さんは、中学の同級生。がんで亡くなったお義母さんの為に、日本代表として戦います!

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク

井手口陽介は、ガンバ大阪のサッカー選手。
まだ若干20歳ながら、
日本代表に招集され、ワールドカップ予選イラク戦では、
先発出場。

リオ五輪では、19歳という、
1つ下の世代ながら、
代表に選出された日本期待のボランチです。

井手口陽介さんの奥さんは、
中学校の同級生の夏海さん。

2016年6月17日には、長女愛希(ひなの)ちゃんが誕生。

井手口陽介は、日本代表の先輩山口蛍をして、
「化け物」と言わしめるプレーヤーです!

モテただろうに、19歳というはやい時期に結婚したのは、
奥様のお母さんがはやくに死去したからだったのです。

二人が付き合ってすぐに、
夏海さんのお母さんが膵臓がんを患って、
余命半年と宣告されたのでした。
実は2年前に夏海さんはお父さんもがんで亡くしていました。

井出口陽介は、
夏海さんの結婚した姿をお義母さんに見せたいと思い、
プロポーズをしたのでした。

お義母さんは3月にお亡くなりになりましたが、
それでも娘さんをください、と入院中のお母さんに報告し、
頼むな、と言われて結婚できたのは、
井出口にとっても本当に良かったでしょうね。

井出口陽介と、夏海さんは、
中学1年の時、福岡からG大阪ジュニアユースに入団するために、
大阪市平野区に引っ越してきた家から、
わずか約400メートルのところに住んでいたという、
ご近所さん。

そういう二人が結婚して、
将来を誓い合うっていうのは、
すばらしいことですよね。

そして、その選手が日本代表として、
活躍するっていうのは素晴らしいことです!!

ガンバレ井手口陽介!!

スポンサードリンク