いしわたり淳治の2017前半期ベスト5!(関ジャム)。動画や、楽天での購入も!

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク

6月18日放送の、
「関ジャム完全燃SHOW」で、
売れっ子の人気音楽プロデューサー3人が本気で選んだ
「2017年上半期ベスト5」が発表されました!

知らなかったアーティストもいれば、
大好きなアーティストもいて、
うれしくなりましたよね。

この記事では、いしわたり淳治さんのトップ5をまとめました!

蔦谷好位置さんの記事はこちら⇒http://www.uraken.biz/archives/3112
tofubeatsさんの記事はこちら⇒http://www.uraken.biz/archives/3114

それぞれ独自のランキングですが、
このランキングは、インディーズからメジャーまで、
日本国内外をまとめているので、
本当に2017年の上半期を網羅的にカバーしているランキングとなっていましたよね!!

さて今年上半期にリリースされた、
11万7千曲以上の中から、
いしわたりさんが選んだのはどの曲でしょうか?

いしわたり淳治が選んだ 名曲ベスト5

1位 SHISHAMO 「魔法のように」

だいすきなSHISHAMOの魔法のようにが、
ランキング1位!!
これはうれしいです。

川崎出身ということで、
川崎フロンターレ大好きな俺は、
ことしの応援歌にもなっている、
「明日も」からだけではなく、
ずっとSHISHAMO大好きなんですよね。

川崎総合高校出身ですもんね。

●いしわたり淳治
「こんな歌を口ずさみながらメイクしている人は、きっと輝いているんじゃないかなと思えるような、誰かの暮らしの中で明るく機能する曲。
”鏡の中の私はきっと誰よりもかわいい”ではなく、”そう思えますように”というところが素敵。”言葉の絵文字”のよう。」

確かに、そう思えますように、って、
最後にまとめるのは、最高ですよね。
アイドルはきっと誰よりもかわいい、で終ってもいいんだけど、
ロックの人たちは、そう思えますように、と絵文字のような言葉で、
終わらせるのが、素晴らしいという大絶賛でしたね!!

by カエレバ

 

2位 さユり 「フラレガイガール」

今までなかった新たな目線で歌われる失恋ソング!
私をふってんじゃないよ、というところがRADWIN¥MPSの野田洋次郎の天才性を表していますよね。
作詞作曲・プロデュースを100万円の女たちで俳優もできるということを知らしめた天才野田洋次郎が行ったこの作品。

もともと渋谷のツタヤの前で歌っていた、
シンガーソングライター、さユり。

よくTVKとかで見ていましたが、
あの格好も大好きなんですよね。

あのレインコートがとにかくかわいい。
ちょっと電波系なところがいいんですよね。

●いしわたり淳治
「注目は、サビの部分の歌詞。
この世には星の数ほど失恋ソングがあるが、「私をフッてんじゃないよバカ」「フッて良いわけないでしょ」という角度から歌われているのは他になく、新しい。
全ての描写が秀逸で、「フラレガイガール」という一人の少女の姿が立ち上がってくる文句なしの名曲。」

by カエレバ

 

3位 DYGL(デイグロー) 「Let It Out」

日本人でこんなに洋楽っぽいのをつくれるなんて!!
日本はアメリカに次いで、2位の音楽市場を持っているため、
日本人に受ける音楽を創ればOKという風潮があり、
若手の中でも日本人向けロックを創る人が多いんですよね。

その中で圧倒的に、洋楽っぽい曲を創れるアーティストが出てきたことが、
日本でもこういう才能が出てきたんだ…という感動をしたそうです。

ファーストアルバムをアメリカの「ザ・ストロークス」のギタリスト、
アルバート・ハモンドJr.が手がけるなど、すでに海外でも大注目されている、
アーティストだそうです。

おれ個人的には、日本人の歌が好きなので、
この人たちをほっていくことはしないとは思いますが、
それでもこの才能は本当にすごいと思います。

今はワンオクとかが流行っていますが、
邦楽の中のロックではなく、
本当の洋楽としてこのデイグローがアメリカやイギリスでかかる日もくるのでは?

●いしわたり淳治
「今の若者は日本のロックを聴いてバンドを始めるのが普通で、Jロックはある種飽和状態になっている感じだが、彼らの音楽は完全に日本の枠を飛び出した、初めて世界基準の価値観で作られたインディロック。」

by カエレバ

 

4位 半崎美子 お弁当ばこのうた〜あなたへのお手紙〜

これは全く知りませんでした。
子供がいないし、結婚もしていないので、
Eテレをみることもないですし、
子供番組を見ることもないので、
こんな名曲と出会える機会はありませんでした。

確かに曲と歌詞を見ていたらこんな名曲に出会えてなかったことはショックですね!

思わず涙ぐんでしまう 日本中のお母さんを元気にする名曲です。

NHK「みんなのうた」のために1年以上かけて制作された曲。

●いしわたり淳治
「言葉はナイフにも薬にもなる。
この歌は、毎日頑張って早起きしてお弁当を作っている、日本中のお母さんたちの心の薬になっているのではないか。お弁当を作りながら口ずさんでいるお母さんたちの姿が眼に浮かぶ。
ちょっと面倒なお弁当作りも、こんな曲があれば、”お弁当は子供へ渡すお手紙なんだ”と思えてちょっと頑張れるかもしれない。」


これは違う曲ですが、本当に素晴らしい歌声ですね。
涙出ますね…。

by カエレバ

 

5位 GLIMSPANKY 「美しい棘」

ワンピースの主題歌を歌っていたことで俺は知っていましたが、
やっぱりグリムスパンキーはかっこいいですよね!!

それはボーカルの声の力が強いと思います。
他と被らない圧倒的な声の存在感がありますよね。

●いしわたり淳治
「初めて聞いた時、ジャニス・ジョップリンが現れたかと思った。
70年代のロック的なけだるさやサイケデリック感、文学性、ノスタルジーなど、いろんな要素が融合して気高く鳴り響いている感じ。」

音楽性も高いし、この人たちがこれからの日本のロックを引っ張るんだと思います。

by カエレバ

 

ということで、
この記事では、いしわたり淳治さんのトップ5をまとめました!

それぞれのCDのジャケット画像をクリックすれば、
この曲が入ったCDを買うことができる楽天のページに飛ぶので、
もしも興味がある方はぜクリックしてみてくださいね。

蔦谷好位置さんの記事はこちら⇒http://www.uraken.biz/archives/3112
tofubeatsさんの記事はこちら⇒http://www.uraken.biz/archives/3114

スポンサードリンク