睡眠不足が招く恐ろしい症状を調べてみました。

[`yahoo` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク

自分があんまり寝ないショートスリーパーなので、
睡眠不足で恐ろしい症状が起きるっていうのは、
本当に怖いです・・・。

スポンサードリンク

「若いから大丈夫」って無理しちゃうんだけど、
もうそろそろ危ないかもなー。

アラサーですからね。

無理は危ないよね。

【睡眠不足が原因で生じる危険な症状】

1、車を運転する人、機械等を動かす仕事の人は、
運転中や仕事中に事故を起こしやすくなります。

全世界的に、睡眠不足は飲酒運転と同じく、
交通事故の大きな要因だと考えられています。

ある研究によれば、日中に眠気を訴える人は、
仕事中に事故を起こしやすく、繰り返してしまうことが多いそうな。

やっぱり怖いですよね。

2、肌の老化を招きます。

睡眠不足が続くと、ストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌され、
他方、成長ホルモンの分泌が減るので、肌のハリが失われ、シワができやすくなります。

3、仕事や勉強のパフォーマンス、記憶力が落ちます。

睡眠は、脳のはたらきに深く関係するそうです。
だから、睡眠不足だと、注意力、集中力、論理的思考力、問題解決能力が落ちます。
仕事や勉強の効率が落ちるのは必至!
これは頭が良い人はよく寝ているというのが納得できますね。

さらに、睡眠中、脳は記憶を整理したり、定着させたりする役割を果たしているんだって。

4、性欲が減退

睡眠不足は、性欲の低下をもたらしますが、特に、男性への影響が深刻だそうな。。。
怖いなぁ。

2002年に発表された研究によると、睡眠時無呼吸症候群である男性のおよそ半数は、
夜間に男性ホルモンのテストステロンが急速に減少する傾向が!!

5、生活習慣病にかかりやすくなります。

睡眠不足が慢性化すると、
心臓病、高血圧症、脳卒中、糖尿病といった生活習慣病にかかるリスクが上がります。

6、肥満になります。

生活習慣病になるというのと一緒のようですが、
睡眠不足は、飢餓感や食欲を高め、肥満の原因にもなるそうです。
単に食欲を高めるだけでなく、高脂肪のものや炭水化物など、
太りやすい食べ物を欲してしまうんだって。

2004年の研究によれば、睡眠時間が1日に6時間未満の人は、
睡眠時間が7~9時間の人よりも肥満のリスクが30%高いことが明らかに。

7、うつ病にかかりやすくなります。

2005年にアメリカで実施された調査によれば、うつ病患者には睡眠時間が6時間未満の人が多かったとのこと。
また2007年の調査では、不眠症の人は、うつ病にかかるリスクが5倍にもなることが明らかになっているそうです。

8、死にやすくなる

イギリスでおよそ10,000人を20年以上調査した結果、
睡眠時間が5~7時間、あるいはそれ以下という人は、あらゆる原因において死亡率が高くなることが!!

特に、心筋梗塞や狭心症など、心臓や血管にかかわる病気による死亡率は、睡眠不足によって2倍に高まるんだって。

最後のやつ怖いですねぇ。

死にやすくなるのか・・・。

スポンサードリンク