渡辺直美のNYのショーがすごかった!反響もすごい!世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?で、“ビヨンセ”を披露!!


スポンサードリンク

渡辺直美のNYのショーがすごかったですね!!

世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?で、“ビヨンセ”を披露!!

これは感動しました!!

スポンサードリンク

ビヨンセの口パクものまねで、
ブレイクした渡辺直美。

10月9日に放送された
『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』
の中で、番組の名物女性ディレクター隅川さんと二人で、
NYのロケをしていました。

よしもとの東京NSC12期生としてお笑いの世界に入った渡辺直美。

レッドカーペットでビヨンセのものまねをして、大ブレイク。

渡辺直美の夢は、
いつかニューヨークの舞台で、
ビヨンセのものまねをすること。

その夢をかなえるために、
米国の大手芸能事務所
“タピレイ・エンターテインメント”のNY支社を訪れました。

同社はおよそ1000人のものまねタレントを束ねる会社。

女性支社長は渡辺の夢のを聞いて、
ショーにうってつけのクラブに連絡をつけてくれました。

そのクラブ『LIPS』は、
ドラァグクイーンと呼ばれる女装家たちが出るクラブ。

ステージに立つのは最低10年は下積みをしてきた、
選ばれたクイーンだけしかでれないというところ。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの世界だね。

ちょっと泣きそうになったのは、
ショー出演が決まった後の、
ホテルでの会話。

「本当に夢だった。ニューヨークの舞台に立つのが…」

「体重も増えてきて、最近は前ほど本気ではない。
膝の爆弾とか腰とかをかばいながらやっている」

「でも今回は関係なく、
膝が爆発してもいいくらいに思い切り踊ろうと思う」

「頑張りたい、ウケたいですね」

って言ってたのが・・・泣けました。

ショーを行う当日の夜。
クラブ『LIPS』は、満員。

その日のトリで登場した渡辺直美。

“ビヨンセ”のセリフにあわせて口パクしはじめたときは・・・
どのぐらいやれるの?って感じで、
静観する観客たち。
肘をついてる人たちも多かったですね。

だけど、曲の盛り上がりで、
腰を振るパフォーマンスをすると・・・

観客の表情が一変!!

すごい盛り上がりでしたね!!!

立ち上がり踊りだすお客さんや、
スマホで写真を撮る人たちも!!

ステージが終わると拍手喝采!!
スタンディングオベーションされていましたね。

そして、ショーが終わったら、
「ナオミはどこなの?」とカーテンコール。

再び登場すると拍手喝さいでした・・・。

以前から、
アメリカでも通用するお笑いだと思っていましたが、
それが証明された形。

もっともっと大きな舞台で、
活躍できる人だと思います。

彼女は世界で活躍できる人だよなー。

ツイッター等でも、
渡辺直美のショーに反響がすごいですよね。

感動したという言葉がいっぱいでした。

動画みたい方はこちら
動画

スポンサードリンク