アフィリエイト広告を利用しています

重陽の節句に食べる食べ物の意味とは?不老長寿の祈りと菊の美しさ

重陽の節句に食べる食べ物の意味とは?不老長寿の祈りと菊の美しさ

重陽の節句、またの名を菊の節句とは、毎年9月9日に行われる日本の伝統的な行事です。この日は、不老長寿と繁栄を願い、菊の花を用いた様々な風習が行われます。由来は中国からのもので、日本では貴族文化として受け入れられ、広く民間にも広まりました。

主な行事には、被せ綿や菊湯があり、また菊酒を楽しむことも一つの風習です。

食べ物としては、栗ご飯や秋茄子を始め、菊を用いた料理が多く見られます。現代では、この行事は色褪せることなく、新たな形で再評価されており、特に長寿を祝う意味合いで重視されています。重陽の節句は、その歴史的背景と文化的意義を持つ重要な日であり、菊の美しさとともに、今後も大切にされるべき日です。

重陽の節句(菊の節句)の概要

9月9日に祝われる重陽の節句、またの名を菊の節句と言います。この日は、菊を用いた様々な行事を通じて、長寿と繁栄を願う伝統的な日です。中国から伝わったこの習慣は、日本でも貴族の間で受け入れられ、広まっていきました。

重陽の節句の行事と楽しみ方

重陽の節句には、菊花を使った様々な風習があります。

たとえば、「被せ綿(きせわた)」では、菊の花に綿をかぶせておくことで、翌朝その露を身につけることが行われます。これは長寿を願う行為とされています。また、菊花を浮かべた「菊湯」に入ることも一つの風習です。

菊湯のやり方

菊湯(きくゆ)は、重陽の節句に行われる伝統的な風習の一つで、菊の花を温かいお湯に浮かべて入浴するというものです。この習慣は、不老長寿や邪気払い(厄除け)を願う目的で行われます。菊は古来から清浄な力があるとされており、その香りと成分がリラクゼーションや健康に良いとされています。

  1. 菊の選び方:生で美しい菊の花を用意します。市販されているもので、農薬未使用のものを選ぶと安心です。
  2. 準備:菊の花びらを適量摘み取り、浴槽のお湯に浮かべます。花びらが浴槽に広がるように軽く散らしておくと、見た目にも美しくなります。
  3. 入浴:菊の花びらが浮かべられたお湯にゆっくり浸かります。このとき、菊の香りを楽しみながらリラックスするのがポイントです。
  4. 時間:通常の入浴時間と同様、15分から20分程度が適当です。

菊湯は、その香りと美しさで心身ともにリフレッシュする効果が期待でき、特に重陽の節句には多くの家庭で楽しまれています。

重陽の節句で食べる食べ物

秋の季節には、栗や茄子などの季節の食材が豊富になり、これらを使った料理が多く見られます。中でも、栗は秋の代表的な味覚として広く愛されており、栗を使った「栗ごはん」は、重陽の節句に特に重宝される料理です。

この時期には、栗ごはんを提供する保育園や学校も少なくありません。また、重陽の節句では、秋茄子を含む旬の食材を用いた料理を楽しむことが一般的で、菊の花を活用した「菊酒」や菊を使った和菓子やサラダも食卓に彩りを加えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です