桃太郎の家来はなぜ、犬・猿・キジ??お供にする順番が実は決まっていたって知っていますか?

桃太郎の家来は、みんながご存知の通り、
犬・猿・キジですよね。

なんでこのメンバーなんでしょうか?
鬼退治に行くのに、人間の青年と、犬、猿、キジ1匹ずつ…
めちゃくちゃ怖いですよね…。

auのCMでも3太郎は有名ですが…

中でもトップオブ太郎といえば、
桃太郎ですよね!(個人的な見解です)

ウラシマ、キンを抑えて堂々の一位ではないでしょうか!(個人的な見解です)

しかも敵の島に乗り込むのにパーティーとしては、
かなり少人数ですもんね(笑)

このメンバーになったのは、
陰陽五行説が関係しているんです。

そのお話は続きで解説します。

陰陽五行説とは?

古代中国では、自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)にわけました。

太陽は陽で月は陰、
奇数が陽で偶数が陰、
表が陽で裏が陰…などなど。

これを陰陽思想といい、
それが五行と結びついていきました。

五行とは、自然界は、
木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)
の5つの要素で成り立っているというもの。

5つの要素が循環することによって、
万物が生成され自然界が構成されていると考えられていました。

陰陽五行説と干支の関係

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類からなっていて、
十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類からなっており、
これらを合わせて干支と呼びます。

ちなみに・・・十干十二支は戦国時代に作られた陰陽五行説よりも、
はるかに古い起源をもちます!

陰陽五行説による説明は後付けですw

学問的な意味はありません。

桃太郎の家来と、干支の関係。

桃太郎は、鬼退治に行くんですよね。
そして、鬼のいる方向と言われる【鬼門】は、
丑と虎の方角なんです。

だから、鬼は牛の角と、寅の腰巻を模したものを身に着けているとイメージされました。

鬼の角と、寅柄の腰巻は、
そういう意味があったんです。

鬼門の反対側の干支が、家来に!

丑虎の反対に位置する、
干支は、申酉戌。

猿=申
鶏(キジ)=酉
犬=戌

という家来を連れて、
丑虎の鬼に対して、
反対の力をぶつけて、
力をそごうとしたんですね。

鬼ヶ島は鬼門(丑寅→北東)の方向にある、とする。
そして、桃太郎の住む村はその逆(未申→南西)なのです。

その未申の方角から時計回りに行くと、
猿(申)→鳥(酉)→犬(戌)と出会います。

だから順番も結構大事なんですよ。

先に猿から仲間にするお話じゃないと、
実は間違っているんです。

桃太郎は、猿、鳥、犬の順番に仲良くなって、
鬼門にいる鬼を退治しに行く…という陰陽五行説からなる話なのでした!

明日使えそうな豆知識ですよねw

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
by カエレバ