秋田県民(秋田出身)が有給休暇取りそう…。金足農業103年ぶり秋田県勢夏の甲子園決勝進出!

秋田県で働いている人いなくなるんじゃ…ぐらいの出来事です。

秋田県の代表として、103年ぶり(旧制中学校時代以来)の夏の甲子園決勝進出!

これは明日、有給休暇とって甲子園観ていても仕方ないと思います!

スポンサーリンク

金足農業高校が秋田県勢として103年ぶりに決勝進出

103年ぶりって…生きている人数名でしょ。それ。

秋田県は第1回大会で秋田中学が準優勝。それ以来の決勝進出です。

金足農業の凄さは、公立の農業高校であり、名門とは言い難いこと、全員が秋田出身、エースは軟式野球出身、その他メンバーも軟式経験者多数、地方大会から野手含め1人も選手交代なし、そして、準々決勝は2ランスクイズで勝利など、漫画的な展開が続いています。

倒した相手も、横浜高校、近江高校、日大三高と超名門校を倒し続けているんですよね。

すごいことです。ここまで想定していなくて、金足農業の寄付金が足りないと言って、寄付を募っているみたいですね。

当初5千万円を想定して寄付を募っていましたが、決勝まで残ることになり、最初のお金では足りなくなったみたいです。通常1試合残るごとに1千万円ぐらいかかるみたいですから、1億円ぐらいを目標に集めたほうがいいのかもしれません・・・

嬉しい悲鳴ですが、大変だろうなー。

ちなみに103年前に夏の甲子園の前身である「全国中等学校優勝野球大会」の第1回大会が大阪・豊中グラウンドで開催されると告知されたのは、大正4年7月1日付の大阪朝日新聞の社告。8月18日の開幕までわずか50日足らずだったそうで、秋田中学は予選もなくてドタバタで決まったそうな。

秋田県内の3校だけで代表を決めて東北代表として出場したことから文句を未だに言われているそうです。だから、実質秋田県勢の決勝進出は初めてと言ってもいいですよね。

第1回大会で決勝に出た秋田県勢が記念すべき100回大会で103年ぶりに決勝進出する。何というドラマチックな展開ですかね。

ちなみに、103年前は芥川龍之介が「羅生門」を発表した年だそうな。歴史的!!

秋田県勢103年ぶりの大快挙!有給休暇取得準備はいい?

まさか生きているうちに決勝進出が見れるなんて…って思っている人多いだろうから、みんな有給休暇とったほうが良いと思いますよ。

一生に1度のことです。仕事なら、次の日でもその次の日でもなんなら土日使っても振替効くけど、秋田県の決勝進出は今後有るかわかりませんよ!?

金足農業の優勝の瞬間を生で観たいと思いませんか?もしも優勝できなかったとしても、その戦いっぷりを見られるチャンスはあと1試合だけです。

泣いても笑っても応援をしっかりして甲子園に声援を届けてあげてほしいなぁ。

決勝の相手は大阪桐蔭。史上2校目の春夏連覇に王手!

相手は超名門校、大阪桐蔭高校。

厳しい戦いになると思うけど、当たり前だけど、金足農業のみんなは勝つつもりで挑むでしょう。

秋田県勢が大活躍して優勝したら最高ですよね。

東北代表として優勝を。まだ一度も優勝を掴んでいない、東北の代表が、初の優勝を得るチャンス。

それが公立の農業高校って…夢とドラマが有りすぎる。

まぁ、せっかく進んだ甲子園決勝。たった2校しか立てない場所。思いっきり楽しんで、いつもの通り笑顔で戦ってください。

秋田県も金足農業もお祭り騒ぎ!

秋田県の佐竹敬久知事は、20日から海外出張に出ているため21日の決勝は現地入りできないそうで、かなり悔しいだろうなぁ…。

秋田県の副知事と県議会議長が甲子園入りして、103年ぶりの奇跡を待ちわびる予定だそうな。

秋田県の公立高校は20日と決勝が行われる21日に始業式を行う学校が多く、金足農業も21日に始業式の予定だったそうですが、すでに23日に延期することを決定。

決勝戦は約200人の学校関係者が甲子園に入る予定で、残った生徒向けに体育館でパブリックビューイングを行うそうです。

県も、学校も当然だけど、動いてるね。

日大三高に勝利した直後から金足農業の公式HPはつながりにくい状態が続いていて、県の教育委員会関係者によると「電話もパンク状態」だそうな。

あとは寄付金も集まると最高ですよね。

農業高校の逆襲って感じで、百姓一揆だ!って言っている人もいて面白いなぁ。ワクワクする甲子園をありがとう!泣いても笑ってもあと1試合楽しんで勝ってくださいね!!