中国の裁判所は「無印良品」を展開する中国企業の訴えを認め、良品計画の控訴を退けました。賠償金1000万円支払い命じる判決。

「無印良品」商標訴訟で本家・良品計画が中国企業に敗訴確定してしまいました。

賠償金1000万円支払い命じる判決が下りました。

中国はこれが常識になるんだろうなー。先に登録した商標が生きるっていう形だから、つらいよね。アメリカとかは先に使用している人が権利を得られるっていう状態だから…

中国で良品計画が敗訴

俺も大好きでよくいっている無印良品を展開する良品計画(東京)が、中国で現地企業と「無印良品」の商標権を巡って争っている問題。

中国にすばやく出店するために、最初に一部の商標しか取れなかったんですが…その間に中国の現地企業に無印良品の商標権を登録されたんでしたっけ?

二審の北京市高級人民法院(日本の高裁に相当します)は、良品計画の訴えを退け、中国で無印良品の商標権を保有する「北京棉田紡績品有限公司」に賠償金など約1000万円を支払うよう命じる判決を下した。

良品計画は2017年12月の一審でも敗訴しており、二審判決をもって訴訟は終結。

良品計画は事実を認めたうえで、「賠償金は既に支払い済み」とコメント。

良品企画は取材に対して

「本件以外にも、今回の訴訟の相手方である棉田社との間では、複数の係争が続いています。棉田社がもつ24類に対する“無印良品”商標については、引き続き行政手続きおよび訴訟で商標の有効性を争っており、弊社はこの権利を取り戻すべく、今後も全力を尽くしていきます」

中国のやり方がまかり通るのが怖い

グローバル展開を目指す企業という概念と、エリアを区切ることで権力を得る国という概念は元から対立する要素がありますからね…。

中国はそもそも理屈が結構かわっている(常識が常識でない部分もあったりしますよね)ので、こういうことも起きてしまうわけですね。

それじゃ、中国との付き合いやめればいいじゃん、進出しなければいいじゃん、ってなると…14億人の市場だからこういう変な企業とのバトルがあると思っても進出せざるを得ないという企業側の考えもわかりますよねー。

グローバルスタンダードって難しいところだよね。

こういうのがまかりとおると、中国の国益が損なわれそうなんだけどな…。強気だからな…。

良品計画と中国企業のバトルの歴史

  • 2001年、海南南華実業貿易が「無印良品」の商標を登録。クッションやタオル、枕カバー、ベッドシーツなど「24類」での商標権を認められた。

  • 2004年、「無印良品」の商標が北京綿田に譲渡される。

  • 2005年、良品計画が中国に進出。

  • 2011年、北京綿田が「北京無印良品」を設立。2017、2018年ごろから日本の無印良品にそっくりな「無印良品Natural Mill」の展開を始める。

  • 2017年12月、一審で良品計画側が敗訴、良品計画は上告。

  • 2018年11月、両社の訴訟が表ざたになる