天皇賞前人未到の6連覇なるか?C・ルメールが春秋連続で5連覇中。阪神競馬場に変わったことがどう影響するか?

最近ウマ娘のおかげで競馬の売り上げがかなり上がっているということがニュースになっていましたが、そういう人たちが武豊や、C・ルメールといった素晴らしい騎手たちの話も勉強していくと、競馬の奥深さに感動すると思うんだよなー。

ぜひぜひこれを好機にどんどん売り上げをあげていってもらいたいなと。

天皇賞前人未到の6連覇なるか?阪神競馬場ではどうなるか?

2021年阪神競馬場で行われる天皇賞・春。

伝統の長距離GI、第163回天皇賞・春(5月2日、阪神芝外→内回り3200m、4歳以上GI)ですが、京都競馬場が改修工事中であるため、27年ぶりに阪神競馬場で行われます。

27年前に阪神で行われた天皇賞・春を制したのはビワハヤヒデでしたよねぇ。

懐かしい。2着はナリタタイシンでした。

直線が短くなることで大きな影響がありそうなのはどの馬になるんでしょうね。

阪神外回りコースの直線は473.6mと、京都外回りの403.7mより長いものの、今年の天皇賞・春は、1周目が外回りで、2周目は内回りという変則コースになるので、最後の直線は356.5mとかなり短くなります。

カレンブーケドールや、ウインマリリンといった牝馬による68年ぶり2頭目の勝利なるか?というのも注目を集めていますよね。

ディープポンド、ワールドプレミア、アリストテレス、オーソリティあたりが本命馬になりそうですね。

武豊が乗るディバインフォースも面白そう。

クリストフ・ルメールが春秋連続で5連覇中。

ルメールは2018年天皇賞・秋から昨年の天皇賞・秋まで天皇賞を5連勝中。

これは天皇賞では歴代最多記録。

今回ルメールが乗るのはアリストテレス。

アリストテレスにはルメール自身の記録を更新する6連勝がかかっています。

天皇賞・春は、19、20年をフィエールマンで2連覇、2018年のレイデオロから天皇賞・秋を連覇、そして2020年はアーモンドアイで勝利して5連覇中。

ちなみに天皇賞・春だけでみると、89~92年に4連覇を果たした武豊以来の天皇賞・春の3連覇もかかっています。

しかし…盾男と言われた武豊は本当にすごいよな…。史上最多の天皇賞14勝ですからね。

ルメールが今年の天皇賞春を勝ってもまだ半分にもならないんですよね…。

21日の1週前追い切り直後には、

前走はパドックからエキサイトして発汗がすごかったけど、この中間はとても静か。テンションの面は大丈夫。冷静に走れたらチャンス。

と自信を見せていました。

馬場が重いと荒れそうですよね…。

C・ルメールが

絶対に良馬場でやりたい

って言っていますが、雨が降っている状況だとどういうレースになるかなー。

兵庫県宝塚市の天気予報は曇り時々晴れ。降水確率は40%。

ライバルの仕掛けが早くなることで、穴馬の末脚炸裂してめちゃくちゃ荒れるG1になる可能性もありそう。

道中でスタミナをいかに温存できるかが鍵になりそうなこのレース。

面白そうなのはカレンブーケドールですが、アリストテレスが勝って6連覇を見たい気持ちもありますよね。

何はともあれ、すべての馬が無事に走り切ってくれることを願っています。

第163回天皇賞・春(GI、芝3200m)の枠順確定

阪神大賞典を快勝したディープボンドは6枠12番、昨年の菊花賞で2着だったアリストテレスは1枠2番、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアは1枠1番に入っている。

出走確定馬の枠順は以下の通り。

1枠1番 ワールドプレミア(牡5、栗東・友道) 福永
1枠2番 アリストテレス(牡4、栗東・音無) C.ルメール

2枠3番 カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝) 戸崎
2枠4番 シロニイ(牡7、栗東・池江) 松若

3枠5番 ディアスティマ(牡4、栗東・高野) 北村友
3枠6番 マカヒキ(牡8、栗東・友道) 藤岡康

4枠7番 ユーキャンスマイル(牡6、栗東・友道) 藤岡佑
4枠8番 ディバインフォース(牡5、栗東・寺島) 武豊

5枠9番 ジャコマル(牡7、栗東・松永幹) 横山和
5枠10番 ゴースト(セ5、栗東・橋口) 鮫島駿

6枠11番 メイショウテンゲン(牡5、栗東・池添兼) 酒井
6枠12番 ディープボンド(牡4、栗東・大久保) 和田竜

7枠13番 ナムラドノヴァン(牡6、栗東・杉山晴) 内田
7枠14番 ウインマリリン(牝4、美浦・手塚) 横山武

8枠15番 オセアグレイト(牡5、美浦・菊川) 横山典
8枠16番 メロディーレーン(牝5、栗東・森田) 池添
8枠17番 オーソリティ(牡4、美浦・木村) 川田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です