なんでゼリーって蓋までパンパンに入ってるの?その2つの理由をまとめてみました!

ゼリー

昔から疑問に思っていたことを調べてまとめる…これが一番ブログ書きやすいことに気づきました…。

自分の疑問だから、調べる気持ちが乗りますよね…。

さっき、たらみのゼリーをたべていたんですが…なぜたらみのゼリー(市販のゼリーのほとんどすべて)は、容器の蓋のところいっぱいまでにパンパンに詰められているんでしょうか?

たらみのゼリー最高。

プリンとか空間空いてるし(プリンはぴちぴちなやつもあるか…)、ヨーグルトも空間空いていますよね??

なぜゼリーだけすべてが隙間なくパンパンなのか…。

それについて調べてみました!!

ゼリーが蓋までがパンパンに入っている理由その1:保存期間を伸ばすため

ゼリーが蓋までパンパンに入っている理由の1つ目は、密閉にすることでゼリーの品質を守り、長期間の保存が可能になるため!

ヨーグルトやプリンは、蓋と中身の間に隙間があるので、長期間品質を保つのが難しいらしく、賞味危険が比較的早く訪れます。

ヨーグルトの賞味期限

実際は2週間ほど賞味期限があるものがほとんど。市販の無糖ヨーグルトは製造から15日後、加糖ヨーグルトは無糖より劣化が早く少し短めな賞味期限が設定されています。

ゼリーの賞味期限

たらみさんの商品でいうと…未開封であれば製造日より9~10ヶ月

ゼリーは殺菌処理するために80~90℃のお湯に20~30分ほど浸ける工程があるんですよね。

ゼリーの容器内に熱膨張率の大きい空気があると、ゼリー容器に熱圧着してあるフタのフィルムが内側から押し上げられて、部分的に剥がれるおそれがあるんですよね。

もうひとつは、空気が容器内にあると、酸化して風味が落ちちゃうんですよね。パンパンに詰めることで空気が酸化することを避けています。

ヨーグルトとかと比べると本当に賞味期限に差があるとかいうレベルじゃないですね…。

ゼリーは未開封なら賞味期限が1年近くあるんですね!!

そりゃ、ゼリーがお中元で採用されるはずですよね…。

ヨーグルトのお中元、プリンのお中元はないけど、ゼリーのお中元がたくさんあるのはそういう理由なんですね。

ゼリーが蓋までがパンパンに入っている理由その2:衝撃から守るため

ゼリーがパンパンに入っていることで、さらにもう一つ利点があります。

ゼリーが蓋までパンパンに入っていることで、賞味期限を伸ばすだけではなく、衝撃からゼリー本体の身を守ることができます。

車での搬送を考えたときに、パンパンに詰められているゼリーで型崩れがしないというのも利点なんですよね。

番外編。ゼリーを開けるときに汁が飛び出さないようにするには?

ゼリーが蓋までパンパンになっていると、ゼリーを開けるときに汁が飛び出たりしますよね・・。

ゼリーを開けるときに汁が飛び出してしまう人がいますが、コツをつかめば綺麗に蓋を開けることができます。

ゼリーのパッケージには、開封時の液こぼれにご注意くださいと書いてあります。

その液が飛び出る現象を防ぐには、まずゼリーを平らなところに置くこと、ふちを利き手ではない手でしっかりと抑えて、右手で蓋をゆっくりと真ん中ぐらいまで引き上げます。

そして、水平に保ちながらふちの位置をかえつつ最後までゆっくりと蓋をはがすことでゼリーが外に飛び出ません!みなさんためしてみてくださいね!

(それでも飛び出ることもなくはないですが…比較的飛び出しにくくなります)

まとめ

ゼリーを食べようというときに、今までなんであんな風にパンパンなんだろう?って思うこともなかったのですが、一回気になるとずっと気になってしまうので…調べてすぐにまとめられるのはうれしいですよねー。

ブログ書いててよかった♪