キャンプの寒さ対策でおすすめはこちら!電源がないところでどうやって寒さ対策すればいい?

夏になったらキャンプに行きたいですよね!

夏だと大丈夫ですが、秋のキャンプは、少し肌寒くなってしまいます。

 

テントや焚火台などの人気商品を多数取り扱い中!アウトドアグッズを探すならサンデーマウンテンで!

 

寒い場合は、ホットカーペット・電気毛布・コンパクトヒーターなどを使えば、

寒さなんて気にならずキャンプを楽しめますよ♪

 

え、電源がないとき?!

 

電源がないキャンプサイトでは、

・薪ストーブ・石油ストーブを利用しよう!

 

・テント底のマットを工夫しよう!

 

・重ね着(レイヤード)をしよう!

スポンサーリンク

キャンプが大ブーム!寒さ対策で持って行くべきアイテムは?

やっぱりストーブの暖かさはすごいです。

持って行けるのであれば、

薪ストーブ・石油ストーブを持って行けたらいいですね。

 

個人的おすすめは断然、薪ストーブ!!

・薪ストーブ・石油ストーブを利用しよう!

キャンプでの薪ストーブって味が出るんですよね~

見た目がスタイリッシュでかっこいいストーブもたくさん出ているので、

是非チェックしてみてくださいね♪

 

年に数回しかキャンプに行かないのに買うのがもったいないよ~という方には、

レンタルがおすすめです。

 

薪ストーブのレンタルをしてくれるキャンプ場もありますし、

業者でもレンタルを行っているところがありますよ!

 

あとはテントの底に敷くテントマットで工夫しましょう♪

・テント底のマットを工夫しよう!

冷気を遮断できるウレタン素材などがおすすめです。

またホームセンターなどで手に入る、銀マット。

これは断熱効果がありますので、持って行って損はないでしょう♪

銀の面を上側に向けて敷いてくださいね!

 

ストーブ、テントマットが用意できたら、

あとは自分の服装の問題です。

キャンプでは重ね着(レイヤード)が基本といわれています。

ベースレイヤーは、肌着ですね。

汗をかいて冷えたりしてしまうので、必ず着てください。

 

その上にミドルレイヤー。

暖かい素材のものを選びましょう。

フリース素材のものだと、保温性は間違いないですし、通気性もとても良いので、万が一濡れてしまった場合でもすぐ乾きます。

しかもとても軽いのでおすすめです。

 

最後にアウトレイヤー。

アウターです。アウターは保温性があるものにし、さらに防水性のあるものだと、より良いですね。

最近ですと、たくさんのブランドからアウトドアのあと、

普段使いもできるアウターがたくさん出てますので、見てみてください♪

 

このアウターなら焚火からも守れますよ!

 

電源がある場合とない場合で持って行く寒さ対策の違いは?

電源があるときは、ホットカーペット・電気毛布・コンパクトヒーターという電気を使う物を持って対策することができます!

電源がないときは、電気を使わないものに頼るしかないので、

薪ストーブを使う、先ほどは書きませんでしたが、焚火をする。

あとは、テント底のマットの工夫・重ね着をするなど少し原始的になります。

電源がある場合は、暖かさは保証されますが、

ちょっと刺激が・・・

 

キャンプ初心者には電源ある場合の方がおすすめです。

しかし、何度もキャンプをしている方は、

電源のないキャンプサイトをおすすめします♪

キャンプならではを楽しめますよ。

 

キャンプでは寒さも楽しもう!!

 

 電源がないところでの寒さ対策をお伝えしました。

・薪ストーブ・石油ストーブを利用しよう!

・テント底のマットを工夫しよう!

・重ね着(レイヤード)をしよう!

 

です。

これだけ揃えれば、秋のキャンプも安心です。

しかし、外で過ごすのですから、室内よりはどうしても寒いです。

でもそれは、キャンプの醍醐味です。

これだけ揃えれば、寒すぎて楽しめない・・・!キャンプつらい!!

ということにはなりませんので、

少しの寒いのも是非楽しんでくださいね。

テントや焚火台などの人気商品を多数取り扱い中!アウトドアグッズを探すならサンデーマウンテンで!