リコカツ第4話あらすじ。想像以上にキュンキュンドラマになってきた。

TBSの金曜10時のドラマ、リコカツ。

最初なんだかなーって思っていましたが、咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)がとてもいい夫婦に見えてきました。

第1話から、第2話、第3話と無骨な紘一がどんどんかわいく見えてきた…。

リコカツ第4話あらすじ。

リコカツの第4話のあらすじ、動画はこちら。

咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。紘一の実家の騒動を機に初めて気持ちが通じ合えた2人。夫婦仲良く帰宅すると、家にはなぜか咲の元カレである貴也(高橋光臣)がいた!
咲の母・美土里(三石琴乃)が、弁護士である貴也に自分の離婚を相談したのがきっかけだったが、貴也はそこが元カノ・咲の新居であり、その夫がスポーツジムで仲良くなった紘一だと知り、凍り付く。そして、この一件を機に再び咲と紘一の間に距離ができてしまう。

翌日、咲は異動になった文芸部に初めて出勤し、小説家・水無月連(白洲迅)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”だ。しかし、その言動は身勝手極まりないもので、異動して早々に仕事にも暗雲が立ち込めていた。

一方、紘一は紘一なりの思いで、咲との離婚を真剣に考え始めていた。そんな時、美土里が自分の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、知り合いに招待状を送っていた。そのパーティーで再び咲と紘一と貴也が顔を合わせ、そこにさらに紘一に思いを寄せる同僚の隊員・純(田辺桃子)もやって来て…。

https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/story/

二人の結婚生活は本当に離婚へと向かうのか…

雑誌編集者から文芸編集者になった咲(北川景子)。

小説家・水無月連(白洲迅)と恋愛について絡んでいくことになりそうですよね。

北川景子って演技がとてもうまいとはいえないんですけど、こういう不機嫌な顔した女性が時折見せるきゅんとした顔は本当にうまいし、永山瑛太が無骨な演技がとてもいい感じ。

この二人は結婚からスタートした関係だけど、どんどん恋愛に向かっていくといいなと。

二人がどんどん好きになっている感じも見えてきているし、両親とかは離婚しそうだけど、この二人だけ離婚しないかなと…そう信じたいけど…

逆に離婚してまた恋人同士から始める、というのはいいかなとも思います。

いい意味で最終話の予想がつかないドラマですよね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です