超人気警察漫画ハコヅメが連ドラ化!キャストに戸田恵梨香&永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴!

ハコヅメ

本当に大好きな漫画、ハコヅメ!

ドラマ化やったー!!しかもめちゃくちゃいいメンバー!どこまで放送できるのか…。なかなかいい意味でも悪い意味でも過激な警察物だからな…。リアルだけどリアルすぎるんだよね…。

うちの本棚の一角です…!帯がぐちゃぐちゃなのは許してください…。

ハコヅメ
ハコヅメ

超人気警察漫画ハコヅメが連ドラ化!

戸田恵梨香と永野芽郁が日本テレビで7月スタートの連続ドラマ「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」(水曜午後10時)で、ダブル主演を務めることが分かりました!

原作「ハコヅメ」はモーニングで連載中で、シリーズ累計発行部数140万部を突破した元警察官の著者・泰三子氏による同名コミック。

訳あり元エース刑事・藤聖子(戸田恵梨香)と天然新人・川合麻依(永野芽郁)の最強ペアが繰り広げるリアルな交番エンターテインメント!

突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋(!?)に奮闘。

凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らないお巡りさんの笑いあり涙ありのリアルな日常が明らかになります。

交番物ですが、かなりリアルでやばいですよ。面白過ぎる。

ドラマハコヅメキャスト…藤聖子(戸田恵梨香)

藤聖子(戸田恵梨香)は刑事課のエース刑事だったが、ある日、地域課に異動し、町山交番勤務になった人物。

新任の川合とペアを組み、指導にあたります。このコンビが最高なんですよねー!!

警察官として極めて優秀で、警察学校っは主席で卒業したほどですが…いろいろな問題から、交番勤務になるんですよね。

サバサバしていて、思ったことは忖度なしでハッキリ言う性格だ。その一方、実は寂しがり屋で、宿舎の隣に住んでいる川合の部屋に入り浸ります。

仕事の優秀さに反し、男心が分からず恋愛下手。

交番に異動してきたのにはある理由が…。

超強い美人怪力ゴリラ藤先輩を戸田恵梨香かー。

戸田恵梨香は藤聖子を演じるにあたり…

原作を読ませていただいて、警察官の方もやっぱり人間なんだなと思いました。

その完璧ではない人たちが、自分の中にある正義のために動き回って、精いっぱい働いている姿にやっぱり心打たれますし、正直で不器用な姿がより共感できる点なのかなと思います。

警察官の方って堅いイメージを持たれていると思うんですが、それをひっくり返すくらいユニークなキャラクターたちが登場します。

皆さまに笑ってもらえるように、共感していただけるように、頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください。

と語っていました。

結構きわどいネタとかもありますからね…。どこまでやれるんでしょうか?

ドラマハコヅメキャスト…川合麻依(永野芽郁)

新任として町山交番に配属された地域課の警察官・川合麻依。

とても純粋で自分では気付いてないがかなりの天然で年上に対してでも、空気を読まず自分の意見をバシッと言うこともあります。

料理が苦手で、ファッションに疎く、少女漫画で恋愛の勉強をしているが、それを生かす機会にこれまで恵まれたことはない。

安定収入を求めてたまたま警察官になったものの、交番勤務にやりがいを感じられず辞めようと思っていた時に、藤と出会い、影響を受けていくというキャラクター。

川合といえば独創的な絵柄の似顔絵捜査官になることもあると思うんですが、そこまでドラマで描けるのかな…。

永野芽郁はドラマに際し、

ほんとに面白い原作なので、原作ファンの方にも楽しんでいただきたいです。

実写でしか作れない空気感を出せるよう、いろいろな方向から私自身この川合役を作っていきたいと思います。

川合が頭の中で自分なりに考えて葛藤しているところは、私と似ているなと思いました。

1人の人間として、人を守る立場にあるものとして、どういうふうに成長していったらいいかを考えながら過ごす川合に、立場は違いますがすごく共感できました。

とキャラクターを紹介。ただ、制服は着慣れていないようで…

配属されたばかりの役のせいなのか、まだ制服が着こなせていないです(笑)。

これから、制服が似合うようになっていきたいです。

かっこいい先輩と、まだ何もできない新米の私と、一生懸命街の人を守るために、頑張って走り回っているので、その姿をテレビの前から応援していただけたらうれしいです。

とコメントしていました。

ドラマハコヅメキャスト…源誠二(三浦翔平)

捜査一係の刑事・源誠二。

藤とは、警察学校の同期で成績優秀な藤とは対照的に警察学校時代の成績はビリだったが、天性の人たらしで地域住民からとても慕われ、「取り調べの天才」としての能力を持つ役柄。

髪の毛は…どうするの…。こんなサラサラなの源じゃないよ…。

藤を唯一「聖子ちゃん」と呼び、一見フレンドリーに接するが、警察官としての反りは合わず嫌みの応酬や口げんかもしょっちゅう。しかし実は、誰よりも藤のことをフォローし支える存在。

三浦翔平は、

個性豊かなキャラクターたちの、警察の日常を描いた作品ですが、ほっこりと心温まる作品にしたいと思います。

僕が演じる源は、負けず嫌いな性格で、特に同期の藤と事あるごとにぶつかりますが、藤を心の中では認めており、実は藤を一番理解しているのも源なのではないかと思っています。

源と藤のそういった関係性や、ほかのキャストとの掛け合いを楽しんでいただけたらうれしいです。バディを組む山田裕貴くんとは、久しぶりの共演になるのですが、ガッツリと一緒にお芝居をするのは初めてなので、とても楽しみです。息の合った、源・山田の刑事コンビを作り上げていきたいと思います

源が一番好きなキャラなので、好きな俳優さんの三浦翔平くんがやってくれるのはうれしい限り。

ドラマハコヅメキャスト…山田武志(山田裕貴)

やったー!大好き山田くん!(おれはハイローオタクかつ特捜9オタクなので、山田裕貴は無条件に好きなのです)。

源とタッグを組む捜査一課の刑事・山田武志。

警察学校では藤と源の一期後輩。

正義感が強く、時折カッとなり余計な行動を取ってしまうところもあるが、根は生真面目な努力の男。

何でもできる藤と、取り調べの天才の源という天才肌の先輩2人の陰で、ひそかに凡人コンプレックスを抱えています。

藤と源のいざこざを常に仲裁し、いざという時は2人をうまく誘導して協力させ、事件を解決に導くなど、機転が利くところもある。先輩2人にとって潤滑油的な役割を果たすキャラクター。

合コンで出会った女の子を、同僚をデート中の張り込みで奪われたりするシーンとか出てくるかな。

山田裕貴は

源さん、藤さんの1年後輩でいじられ、こきつかわれる。こういうキャラクターが自分は本当に多い気がします。

“THE 刑事ドラマ、犯人は誰だ?”というよりかは軽やかな掛け合いを楽しむことができ、シリアスな瞬間より軽妙さや、警察官の日常の中に人間としての大切な部分を教えてくれるドラマです。

両親共に教師で真面目な家庭で育った山田くんらしい生真面目な部分や熱い部分も出せるといいなと思います。

また、源役の翔平さんとは久しぶりの共演でもあり、コンビを組むのが楽しみです。原作の明るさを生かして毎週、明るく、ポップに見てもらえるドラマにしたいです。

漫画ハコヅメ原作者・泰三子先生のコメント

泰三子先生

10年後の新任警察官に、『ここまでひどくねぇわ』と鼻で笑われる作品にしたくて、下手な漫画を描いてきました。

ドラマの企画をいただいた時は、『泥臭い原作に対して豪華俳優陣すぎる…』と、正直とても不安でしたが、女性プロデューサーさんが、『大丈夫です!』とほほ笑んで、ガッツポーズをしてくれたので、『テレビのフィルターで原作の泥を奇麗にしてくれるのか!』と安心しました。

先日、1話目の脚本を拝読し、あの愛らしいガッツポーズが、“豪華俳優陣を泥まみれにする”方の意味だったことに気付き、大変驚がくしております。

働く人々への敬意と、制作陣の愛と熱意にあふれる、ちょっと変わった警察ドラマをどうぞお楽しみください。

とメッセージを寄せています。

このメンバーを泥につけちゃうのかーwww

ワクワクが過ぎるなー!!

藤森真実プロデューサーは

元警察官である泰先生の原作を読ませていただいた時、身近なようで、実は知らないお巡りさんのお仕事は『へ〜!!』の連続で、この知れば知るほど面白い『交番女子のリアルな日常』をぜひドラマ化して皆さんに伝えたいと心から思いました。

そして、このドラマの主人公である藤と川合の関係性をとても魅力的に感じました。上司と部下であるのに、まるで姉妹かのように、仕事もプライベートも信頼し合い、お互い支え合い『あなたがいるから頑張れる!』と警察官としても人間としても成長していく。こんな同性のパートナーがいたらどんなにパワーになるでしょうか。

とドラマ化の理由を明かしています。

まとめ

戸田恵梨香、永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴と素晴らしいメンバーが揃いましたね。

ほかにもキャラクターの強いメンバーがいるので、そこも期待!!

牧高ちゃんとか誰がやるんだろうなー。

わくわくしますね!!

映画・ドラマにおすすめのサブスクはこちら!